ミカとクララ

『愛の法』

投稿日:

「考えのサプリ」をアップしました!

これは過去に「みことば物語」としてHPに掲載していたものを一部書き直して音声を付け、YouTube版にしたものです。

内容は過去の先生の説教に基づいています。

今回は『愛の法』です!

誰でも愛しなさい、という話ではありません。人と人とがお互い気持ちよく接する上での大切なルールについて話しています!

動画の方が雰囲気が感じられるとは思いますが、動画を見ずに、ラジオのように音声だけでもわかるようになってますので作業しながらでも聞けます。

逆に、文章で読みたい方や音声が出せない環境にいる方などのために、動画の下に文章も載せておきましたのでそちらも合わせてどうぞ。

(考えのサプリ再生リスト→https://www.youtube.com/watch?v=6Z49qm3mYgU&list=PLrE21C_3WUK-KhHXPFwDP1Nugr4YGj5wz

愛の法
 
法には、だれもが守るべき基本法と、
個人の境遇、状況、成長具合によって適用される法があります。
 
基本法は、殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、など、
だれもが絶対的に守らなければいけない法です。
 
しかし、人間は各々、状況や立場、成長具合などが違います。
だから、それに応じた「接し方の法」を適用しなければいけません。
 
他人に対して「家族に接する法」で接したり、
恋人に対して「他人に接する法」で接したりしたらどうでしょう?
そうしたら完全に失敗します。
 
また、「大人」に該当する法を
子供に適用することはできません。
 
まだ熟していない果実を取って
『この果実には問題がある。』と言うことはできないでしょう。
その実はもう少し成長すれば熟すのです。
問題があるわけではありません。
 
また、「事情のある人」に何事もない人の法を適用することも良くありません。
 
病気だから休んだのに
『あなたはサボった』とは言えないでしょう?
 
だから、誰でも人を罪に定めたり、詰問したりしてはいけません。
決めつけて接してもいけません。
それによって人を殺すこともあるからです。
 
人を正しく判断できるのは、神様だけなのです。
だから、
 
その都度ふさわしく愛の法で接しよう!

-ミカとクララ
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

使徒行伝25・26章

『使徒行伝解説』シリーズ最新版をアップしました! 前回は、パウロがカイザリヤで裁判を受けましたが、総督のペリクスがパウロに罪がないのを認めながらもユダヤ人の歓心を買うために判決を先送りにし、2年間パウ …

離婚・・・良い弁護士との出会い

『どう生きる?人生の後半戦!!』の最新版をアップしました! 今回は未香さんの離婚についての経緯の最終回になります! 前回は、調停が不成立になってしまいこれは泥試合になる予感が・・・⁈というところで終わ …

相続登記について(最終回)

『どう生きる?人生の後半戦!!』の最新版をアップしました! 今回は未香さんが相続についてご自分の体験談を交えて教えてくださっています! 自分はまだまだ・・・と他人事に思っていてもいつこの知識が必要にな …

使徒行伝第21章・22章

『使徒行伝解説』シリーズ、第21章・22章をアップしました!(内容的に21~22章は続いています) 前回は、エペソの近くのミレトという場所で、パウロがエペソの長老たちに感動的な別れの挨拶を述べたところ …

マタイ第2章解説

お待たせしました! マタイによる福音書第2章解説をアップしました! 第1章はイエス様が誕生したところで終わりましたが、この2章では、イエス様誕生に伴う周辺の動き、そしてイエス様親子のその後の動きが記さ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。