日々の気付き

知らないとただ従ってしまう

投稿日:

ちょっと小耳に挟んだ興味深い話があります。知り合いのおばちゃんから聞いた話です。

それは仏教界のことなんですが、日本では大抵、家族が亡くなるとお寺で「戒名」というのをもらってお墓に刻んだりしますよね。

その戒名をもらうには結構費用が掛かるそうなんです。しかも、値段によって戒名の位が違っていたりとか。まさに「地獄の沙汰も金次第」というところでしょうか。(笑)

そういうことが今「おかしいのでは?」ということになって、ルターが宗教改革したように仏教も改革すべき、という声が一部で上がっているのだそうです。

ルターの宗教改革の時は、当時のローマ教皇が、免罪符を買わないと救われない、ということに異を唱えたわけですよね。聖書にはそんなことは書いてない!聖書に立ち帰れ!と

それでルターが聖書をドイツ語に翻訳したのです。一般人が聖書に何を書いてあるかわからないから騙されるのだと。

当時の聖職者が使っていた聖書は古代ラテン語という、当時すでに誰も使ってないような言語で書かれていました。だから一般人は聖書を読むことができなかったのです。だからみんなにも聖書が分かるようにとルターがドイツ語に訳しました。これはとても画期的な事でした!

ある意味聖職者の特権であり聖域だった「聖書」が一般人にも普及するようになったのです。こうなるともう聖職者が勝手なことはできません。

考えてみれば仏教の世界もそうだな~と思いました。仏教についての教理はわかりませんが、少なくとも人が亡くなった時にお金を払ってお経を読んでもらって戒名をもらう、という部分だけを見ると、確かに宗教改革前の腐敗したカトリックの状況と同じだな~と思ったんです。

誰か、お経の意味を聞いて分かる人いますか?普通は分かりませんよね。

私が以前学んだことによれば、今私達が聞いてるお経というのは、古代サンスクリット語が原典で、仏教が中国に入ってきたとき、当時の中国語に訳したもの、なんだそうです。

つまり、古代サンスクリット語の古代中国語訳を聞いてるわけです。これじゃ現代の日本人がわかるはずがありません。

よくお坊さんが体調悪い時などはお経を省略して唱えてしまったなんて話も聞いたことがありますが、聞いてる方は省略されても全部正式に読まれても全然わかりません。(笑)

こういう状態だと私達は何を要求されても反論の根拠がないから(わからないから)反論できません。

どういう世界でも、ちゃんと知らないと「なんか変だけど従うしかない」という状態になってしまいます。

改めて、「知ること」というのは大きいな~と思いました。

もっと言うと、聖書も今では日本語訳の聖書があるから読めますが、実際どんな意味なのかが分からないと読んでも救われません。分からないと行動が促されないからです。だから分かるようにしてくれる存在というのは本当にありがたい存在です。

私達に聖書を正確に教えてくれ、知らせてくれる方に感謝するばかりです💛

-日々の気付き
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

情報通の秘訣?!

ちょっとくだらない話ではありますが、最近身近なところで感心したことの一つをご紹介します。 私の肉的な知り合いで物凄く情報通の人がいるんです。 その人の情報というのは、誰と誰がくっついただの離れただの正 …

バドミントンって。。

今日は。。少々腕が筋肉痛。(^^; その原因は、昨日のバドミントン。 学童クラブの外遊びの時間に、小1の子二人に一緒にバドミントンやろうと誘われ、いいよ、と安請け合いしたところ。。。 「僕たち二人対先 …

傲慢にならない人

誰でも傲慢な人は好きではないと思います。でも、正直、人って傲慢になりやすいです。 人はちょっと何か功績を立てると自分が優れているように錯覚してしまうんですよね。中には功績がなくても「俺はやるよ!そのう …

ポイントの行方

今年に入って一週間くらい経った頃だったかな? 私が20年以上細く長~く愛用している通販のセシールから、キャンペーンに当たったというメールが届きました。 50人に一人当たるというもので、ポイントが付与さ …

「○○WiFi」の行方。。

私事ですが、8月末に家の通信として使っていた「どんなときもWiFi」を無事に解約しました。 この「どんなときもWiFi」は、元々定額で無制限の通信サービスを提供するという事で去年話題になったのですが、 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。