日々の気付き

堕落しても腐敗しても神様のもの!

投稿日:

『全てのものは神様のものだ。サタンのものは一つもない。堕落しても腐敗しても神様のものだ。』

という昨日の説教の言葉がとても心に沁みました。

「そうか、堕落しても腐敗しても神様のものか。。。」と思った瞬間、(説教中にもかかわらず)私の頭に「洗濯物‼」という言葉が浮かびました。それで一層自分なりに「堕落しても腐敗しても神様のものだ」という意味を悟りました。

え?洗濯物?どういう意味?と思いますよね。(笑)今からそれを説明します。

一度着た衣服というのは洗濯物として区別しておきますよね?一度着て汚れたものを洗わずにそのままタンスに入れて綺麗なものと一緒にすることはありません。恐らく洗濯籠などに入れておくでしょう。または洗濯機に放り込むとか。

そうして洗濯物を洗って干して綺麗になったらまたタンスにしまいます。

この時、洗濯物として区別しておいたものも自分のものです。着て汚れたからといって他人のものになるわけじゃありません。

これと同じことかな~と思ったのです。

私達が罪を犯すと霊的には汚れてしまい、サタンの主管圏に入ってしまいます。暗闇の世界です。光の世界には居ることができません。区別されます。

でも、悔い改めて清くなったら神様の主管圏に戻ってくることができます。

汚れた洗濯物が他人のものになるわけじゃないように、暗闇に行ってしまった人がサタンのものになるわけじゃない、と悟ったのです。闇の世界にいても光の世界にいても、私達は神様のもの!確かにその通りだ!と。

ただ、洗濯物も時間が経つと汚れが落ちにくくなります。また、ひどい汚れほど早く洗った方が良いです。罪の悔い改めも同じです。早く悔い改めた方が良いです。

でも、ひどい汚れでも洗えばそれなりに綺麗になります。完全に元通りじゃなくても「汚れている」状態ではなくなります。だから時間が経ちすぎていると感じても悔い改めるに越したことはありません。悔い改めなければずっと汚れたままなので。

それともう一つ。霊界は完全に神様が治めていて、サタンがどうにかできるものではない、という事です。

もし、サタンがどうにかできるのならサタンが天国に侵入してくることができるでしょう。でも、神様の許可が下りないから入ってこれないのです。サタンも勝手に霊界を移動はできないという事です。つまり、サタンも神様に全て治められているのです。

だからサタンが偉そうに囁いても騙されてはいけません!!サタンがどうにかできるものなど一つもないのです!できるかのようにそれらしく言って騙しているだけです。

自分がどんな状態になっても「私は神様のものなのだ!」ということを忘れずに生きていきたいですね!

【参考】(エゼキエル33:10~11)

それゆえ、人の子よ、イスラエルの家に言え、あなたがたはこう言った、『われわれのとがと、罪はわれわれの上にある。われわれはその中にあって衰えはてる。どうして生きることができようか』と。あなたは彼らに言え、主なる神は言われる、わたしは生きている。わたしは悪人の死を喜ばない。むしろ悪人が、その道を離れて生きるのを喜ぶ。あなたがたは心を翻せ、心を翻してその悪しき道を離れよ。イスラエルの家よ、あなたはどうして死んでよかろうか。

-日々の気付き
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

私のお祈り成就法

どうやったらお祈りが聞かれるのか、私の体験的な話をお伝えしますね。 あることについて「○○をしてください!」「お願いします!」と毎日毎日切実に祈ることはとても大事だと思うのですが、実は私、そういう風に …

ある小学生の会話より

先日、小学生(低学年くらい)の子たちの会話を小耳にはさむことがあり、それがなんだか感慨深かったのでご紹介します。 ある男の子3人くらいがふざけながら『ク〇野郎!!』とかなんとか叫びながら元気よく遊んで …

決心!

おはようございます。 今朝は明け方に決心して心がスッキリしてます。 先週からのWiFi不具合問題で、その対策について私自身にあれこれ迷いがあり、ここ数日間は悶々としていました。でも今朝決心しました! …

カフェで礼拝

先週から私が契約しているWi-Fiが通信障害で繋がりにくくなっており、通信会社からも完全復旧は4月になると連絡が来ていました。 さらに、今月末まで停止申請をすれば通信を止め、日割り計算でその間の料金は …

神様が仕掛けた⁈

先週土曜日、使命に関してちょっとした話し合いがありました。 何かが大幅に変るとかそういうわけじゃないのですが、今まで事実上、私とミカさんだけでやっていたことを、他とも協力体制ですることになったんです。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。