日々の気付き

堕落しても腐敗しても神様のもの!

投稿日:

『全てのものは神様のものだ。サタンのものは一つもない。堕落しても腐敗しても神様のものだ。』

という昨日の説教の言葉がとても心に沁みました。

「そうか、堕落しても腐敗しても神様のものか。。。」と思った瞬間、(説教中にもかかわらず)私の頭に「洗濯物‼」という言葉が浮かびました。それで一層自分なりに「堕落しても腐敗しても神様のものだ」という意味を悟りました。

え?洗濯物?どういう意味?と思いますよね。(笑)今からそれを説明します。

一度着た衣服というのは洗濯物として区別しておきますよね?一度着て汚れたものを洗わずにそのままタンスに入れて綺麗なものと一緒にすることはありません。恐らく洗濯籠などに入れておくでしょう。または洗濯機に放り込むとか。

そうして洗濯物を洗って干して綺麗になったらまたタンスにしまいます。

この時、洗濯物として区別しておいたものも自分のものです。着て汚れたからといって他人のものになるわけじゃありません。

これと同じことかな~と思ったのです。

私達が罪を犯すと霊的には汚れてしまい、サタンの主管圏に入ってしまいます。暗闇の世界です。光の世界には居ることができません。区別されます。

でも、悔い改めて清くなったら神様の主管圏に戻ってくることができます。

汚れた洗濯物が他人のものになるわけじゃないように、暗闇に行ってしまった人がサタンのものになるわけじゃない、と悟ったのです。闇の世界にいても光の世界にいても、私達は神様のもの!確かにその通りだ!と。

ただ、洗濯物も時間が経つと汚れが落ちにくくなります。また、ひどい汚れほど早く洗った方が良いです。罪の悔い改めも同じです。早く悔い改めた方が良いです。

でも、ひどい汚れでも洗えばそれなりに綺麗になります。完全に元通りじゃなくても「汚れている」状態ではなくなります。だから時間が経ちすぎていると感じても悔い改めるに越したことはありません。悔い改めなければずっと汚れたままなので。

それともう一つ。霊界は完全に神様が治めていて、サタンがどうにかできるものではない、という事です。

もし、サタンがどうにかできるのならサタンが天国に侵入してくることができるでしょう。でも、神様の許可が下りないから入ってこれないのです。サタンも勝手に霊界を移動はできないという事です。つまり、サタンも神様に全て治められているのです。

だからサタンが偉そうに囁いても騙されてはいけません!!サタンがどうにかできるものなど一つもないのです!できるかのようにそれらしく言って騙しているだけです。

自分がどんな状態になっても「私は神様のものなのだ!」ということを忘れずに生きていきたいですね!

【参考】(エゼキエル33:10~11)

それゆえ、人の子よ、イスラエルの家に言え、あなたがたはこう言った、『われわれのとがと、罪はわれわれの上にある。われわれはその中にあって衰えはてる。どうして生きることができようか』と。あなたは彼らに言え、主なる神は言われる、わたしは生きている。わたしは悪人の死を喜ばない。むしろ悪人が、その道を離れて生きるのを喜ぶ。あなたがたは心を翻せ、心を翻してその悪しき道を離れよ。イスラエルの家よ、あなたはどうして死んでよかろうか。

-日々の気付き
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

天気のしるし!

昨日は天皇陛下の「即位の礼」がありましたね。 この時、天気の奇跡が起きた、と巷でも話題になっていました。 ちょうど、「即位礼正殿の儀」の時、両陛下が高御座と御帳台に登られたら雨がやんで晴れ間が差し、虹 …

「信用」は財産

昨日このブログでもちょっと触れたのですが、今週、うちのWi-Fiの調子が悪いんですよ。通信障害が原因です。 昨日は一日中使い物にならなくて本当にもどかしい思いをしました。それで昨日もドトールに行きまし …

プレゼント

昨日、壮年部の京子さんからプレゼントをいただきました。 折り紙で作ったお手製の万華鏡です! ↓この二つは同じもので、角を外側に回転させると少しずつ模様が変わっていきます。 すごくキレイですね! プレゼ …

ソロとオーケストラ

実は昨夜、とあるコンサートに行ってきたんです。 ピアニストYouTuberとして活躍している人のピアノコンサートです。 まだ若くて20代前半の男性なんだけど、イマドキの活躍の仕方だなと思って興味があっ …

幼な子と大人

『兄弟たちよ。物の考えかたでは、子供となってはいけない。悪事については幼な子となるのはよいが、考えかたでは、おとなとなりなさい。』(コリントⅠ14:20) ここでは「大人になりなさい」とあります。 で …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。