日々の気付き

何もしないという罪

投稿日:

今、オリンピックで日本人の選手が大活躍していますね!

このコロナ禍で暗いニュースが多い中、日本人大活躍のニュースは素直に嬉しい気持ちになります!

ネットでも選手たちの健闘をたたえるコメントであふれていますね!

こういうネットの使い方は良いな、なんて思ったりしますが。。

そんな中、珍しく不満のコメントがたくさん上がってしまった試合がありました。

一応個人攻撃にならないように何の種目のどの試合かは明言を避けますが、とにかくある試合で日本人選手が負けてしまったんです。

それに対してのコメントだったのですが、何が不満かと言うと、負けたこと自体じゃなくて、その人が何もせずに負けた、という事に対して不満が炸裂していたんです。

「今までで一番つまらない試合だった」とか「一体何をしたかったのかわからない」「これなら自分から仕掛けて相手に豪快にやられた方がマシだった」など。

ねぎらいの言葉や慰めのコメントはごく少数でした。

どうやら、相手を警戒ばかりしていて何もせず反則負けになったようです。

このような人々の反応を見ながら、恐れて何もしない、挑戦しない、というのは一番人々を退屈にさせるし、失望させることなのだなと思いました。

勿論、試合している本人は試合中どうしようかといろいろ考えていただろうし、もしかしたら極度に緊張していたのかもしれないし、事情はよく分かりませんが、とにかく勝ちたいとは思っていたはずです。

でも、何らか仕掛けないとチャンスもやってこないわけです。

よく考えたら、チャンスって全く自分一人で自動的にやってくるものではなく、相手とのやり取りの中で来るものですよね?

という事は、自分が何も動かなければチャンスが来ることもないのです。

結局、何もしないまま勝利をただであげてしまったような形になってしまいました。

このような試合を見ながら、ふと、私たちの間でもこういうことがあるんじゃないのかな?と思いました。

恐れて警戒する気持ちが強すぎて、頭の中ではあれこれいろいろ考えを巡らせていたかもしれないけれど、結果的に何もしなかったという事。

これは一番神様を退屈させるし失望させることなんじゃないかなと思いました。

と同時に、自分自身がチャンスを作り出せないことでもあると。

え?チャンスは自分が作り出すことではなく天が下さるものでは?と思うかもしれませんが、何もしなければ天がチャンスを下さることもないということです。

多分、失敗したくない、恥をかきたくない、自分が傷つきたくない、などの理由でしり込みし続けてしまうと思うのですが、かえってそれが天の前では恥になってしまいますし、ただでサタンに勝利を与えることになってしまいます。

こんな聖句もあります。

『人が、なすべき善を知りながら行わなければ、それは彼にとって罪である。』(ヤコブ4:17)

スポーツの試合で負けたからといって罪になることはないですが、天の前では何もしないことが一番良くないのだ、という事を肝に銘じないといけないですね。

今週は「機会をつかみなさい」とおっしゃいましたが、自分が未熟でもいろいろトライしているうちにチャンスがやってくるし、自分がいろいろしていたからこそ、それがチャンスだと見分けることができます。

自発的に活動して、天のチャンスをつかむ人になりたいですね。

-日々の気付き
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

継承するものと刷新するもの

今日は9月8日。 気付くと引っ越ししてから一週間経ってました。(^^; この一週間、ほぼ部屋の整理やら各種手続きやらに時間を費やしていた感じですが、なんだかあっという間でした。 え?もう一週間経ったの …

説明してくれたけれど。。。

数日前、核心を捕えない説明というのがいかにもどかしいかという体験をしました。 私には今、いつか買いたいと思っているものがあるんです。 でもそれは気軽にネットショッピングという感覚で買えるものではないの …

真実を見よう!

ここ数か月、世の中では「年金制度崩壊」とか「45歳リストラ」「終身雇用制終了」などの事が騒がれていますよね。(若い方はご興味がないかもしれませんが) ごく最近では、金融庁が年金では老後資金が2000万 …

歴史は流れている!

昨日、必需品を買いに近所のドラッグストアに行きました。 今月に入って初めて行ったのですが、そのドラッグストアは4月からレジ袋有料に変わっていたんですね。 そうとは知らずに行って、レジで会計をした時「レ …

今年も初風呂♨

昨日、ここ数年の恒例、初風呂に行ってきました! 温泉に入り、おいしい食事もし、たくさんおしゃべりもして一日リラックスしてきました! こういう時、日本人で良かったな~なんて思ってしまいますね。(笑) 昨 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。