日々の気付き

退化していた自分

投稿日:

今週、私用で久しぶりにちゃんとした格好で出かけ、適度な緊張感を持って過ごす時間がありました。

そうしたら、翌日、朝からシャキーンとして、いつになく前向きで積極的な心でいる自分を自覚したんです。

だからと言って今まで後ろ向きで過ごしていた、というわけじゃないんですよ。

自分なりにはあれこれやって過ごしてたつもりでした。

でも、明らかに気分が違うのです。

それで考えてみたのですが。。きっとこの自粛体制の中で、いつの間にか「引っ込む生活」が身に付いてしまっていたんだな、と思いました。

行動的にも精神的にもです。

不要不急の外出を控える、という事をしていたためか、何事も消極的になっていたような気がするのです。

特に今月に入ってから梅雨の季節で天気が悪い日が多くなったじゃないですか?それもあってかなんとなく心も積極的ではない感じになっていたように思います。

でも、自分では消極的になっているという自覚は全くありませんでした。

近所に買い物とかは行ってましたから。

ただ、行くにしてもきちんとした格好とは程遠く、マスクしてるから化粧もせず、とりあえず露出してる部分には日焼け止めだけ塗って、普段着で出かけてました。

誰かに会うわけでもないですからね。強いて言えばレジのおばさんに会うくらい。(^^;

ところが、久しぶりにきちんと身だしなみを整え、適度な緊張感のある時間を過ごした結果、翌日から私の感覚が変化したのです。(戻っただけ?)

こういう自分を見ながら、人って「控える」「引っ込む」「やらない」などの事を続けていると行動力も精神力も退化するのだなと思いました。

しかも自覚なく。

よく「引きこもり」の問題で、本人は本人なりに何かやってるという主張をする場合があるじゃないですか。それが少し理解できるような気がしました。

その時は自分では分からないのです。本当にやってるつもりだから。

でも、一度行動してリセットされると、それまで引っ込んでいた、という事が自覚できます。

理由が何であれ「控える」ということは、結果的に行動しないという事になります。

行動しない習慣がつくと、何かをするという事に対して、本当は何でもないことなのに負担感を感じるようになるし、コンビニに行く程度の事でも「ちゃんとやっている自分」という認識になります。

でも一度行動を起こせば何でもない事だと分かるし、今までやってなかったと分かるし、もっとやりたい心が生じます。

やりたい心が生じるから行動します。そうするともっと積極的になって行動的になり、自分が進化していきます。

今回は自分の体験を通して、行動することの大切さを改めて実感しました。

と同時にやらない事の恐ろしさも実感しました。自覚なく退化していく自分。。。あぁ、考えるだけでも恐ろしい。。。(>‗<)

神様は人間を進化(=成長)するように創造してくださいました。

でも、自分を進化させるのか退化させるのかは自分の責任分担によります。

自分が成長するような生き方をすれば成長し、進化しますがそうでなければ退化するのです。

神様の法則(=真理)通りです。

今は行動するにも制限はありますが、できる範囲で意識的に「積極性」を持たせ、自分を進化させる生活をしていきたいですね。

-日々の気付き
-, , , , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

歴史は流れている!

昨日、必需品を買いに近所のドラッグストアに行きました。 今月に入って初めて行ったのですが、そのドラッグストアは4月からレジ袋有料に変わっていたんですね。 そうとは知らずに行って、レジで会計をした時「レ …

自分のメンテナンス

昨日、都内の温泉に行ってきました! 壮年部の京子さんと一緒に、温泉に入り、岩盤浴もやって久しぶりに汗だくになりました。(笑) ひと汗かいた後に食事をして、その後また温泉に入って仕上げて(笑)出てきまし …

マイナンバーカード

先日、確定申告をPCで作成し、郵送しました。 去年はインターネットエクスプローラーじゃないとダメだったのですが、今年はGoogle chromeでも作成できるようになっていたり、各項目が簡単に書き込め …

一緒にやることが大きい!

昨日、私にとっては奇跡と思えることがありました。 このブログでも何回か話題にしたことがありますが、私の父に関わることを私が今解決しようとして難航している事についてです。 父が自分で動けば何とかなる事な …

もう終わったのに。。。

私事ですが、先週、ドライヤーを買い換えました。 今年の初めからずっと調子悪かったのですが、まぁ、とりあえずは使えるから、という事で使い続けてました。 どう調子が悪かったかと言うと、ドライヤーの風量が「 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。