日々の気付き 私の自論

傲慢にならない人

投稿日:

誰でも傲慢な人は好きではないと思います。でも、正直、人って傲慢になりやすいです。

人はちょっと何か功績を立てると自分が優れているように錯覚してしまうんですよね。中には功績がなくても「俺はやるよ!そのうち。」みたいな人もいます。(笑)

でも、本当に有能な人って人格的で謙虚な人が多いですよね。

これについていろいろと考えてみました。どうすれば功績を立てつつずっと謙虚のままでいられるのか。。

それで私なりに考えた結論は「自分より上がいる」と認識していること。そんなの当り前じゃないですか?と言われそうですが。。。

ただ、「自分より上がいる」ということを漠然と一般論として受け止めているだけだと効力がないと思うんです。

口では「自分はまだまだ」とか言いながら、実際に自分より上だと思う人がいなければ本心では「とりあえず今のところは自分が一番かな?」と思うのではないでしょうか?

そして、そのポジションを守るために保身に入ってしまい、結果として権威的にふるまってしまうことが多い気がします。そうなると停滞しますよね。

では、どうすれば傲慢にならないのか?

私が思うに、具体的に、自分より上だと認識している存在があって、常にそこに向かっていることが謙虚さを生んでいるのではないかと思うのです。

目標としている存在が常にあれば保身に回ることなく常にそこに向かう状態になりますよね。

最初は身近な人を目標にして頑張っても良いとは思います。ただ人間を目標にすると頑張れば追いつくだろうし、追いつくとそこで傲慢さが出て停滞してしまう恐れがあります。

だからこそ、神様を認識することが大事だと思うのです。常に神様を想うこと、神様の目、神様の水準への意識、神様を喜ばせようとする心、そういったことが傲慢さを防いでくれるのではないでしょうか?

どんなにやっても人間は神様にはなれません。やってもやっても神様には追いつきません。だから良いのです。

神様はやった分、そこからまた次の次元の構想をくださるので終わりがありません。これは一見大変そうに見えますが、実はこれが大きな祝福だな~と思います。

結局、謙虚さの根本は神様。傲慢さの根本は神様を忘れることですね。

-日々の気付き, 私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

平凡な人生は幸せ?

ある記事で、大人になって分かったことの一つが、「平凡な人生を送ることは難しい」ということ、というのを見ました。 確かにな~‥と思いながら、ところで、平凡って何だろう??という疑問が湧き、「平凡」の意味 …

no image

和睦しないと。。。

今日、私用があって、ちょと地下鉄に乗り、目的地まで行きました。その最寄り駅での出来事。 電車を降りると、ホームに、泣き叫んでいる女の子と母親と思しき女性がいました。母親はあえて知らんぷりしているようで …

no image

身から出た錆

いつの時代でも、人を貶める事を目的とする行為は必ず自分の身に降りかかります。 最近、ある週刊誌が『文科相が公用車で「キャバクラヨガ」に通っていた』という記事を載せ、一瞬物議を醸しました。 ところが、「 …

no image

金メダル第一号!!

パラリンピックのアルペンスキー大回転座位で村岡桃佳さんが金メダル獲得!おめでとうございます! 彼女は今大会4つ目のメダルです!それだけでもすごいですが、今回は待望の金メダルということで、感激もひとしお …

no image

不思議な事件

関東地方に住んでる方はご存知かもしれませんが、先日JR中央線の武蔵小金井駅で人身事故が発生したとされたものの、その後の捜査で負傷者は見当たらず運転再開、という不可思議なニュースがありました。 記事によ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。