聖書

3つの解決法

投稿日:

『求めよ、そうすれば与えられるであろう。捜せ、そうすれば見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば開けてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者は開けてもらえるからである。』(マタイ7:7~8)

これはおなじみの聖句ですが、昨日は私も初めて聞いた解説でした!この短い聖句を3つに裂いて細かく教えてくださいましたね。本当にびっくりです!やはり聖書の解釈では先生の右に出る者はいませんね!さてその3つとは、

  1. ないものを求めなさい
  2. どこかにあるけど得てないものは探して見つけなさい
  3. 閉ざされているものは叩いて開けてもらいなさい

ということでした。

今まではこの聖句全体を漠然と『求めること』という風に一緒くたに認識していましたが、自分の足りないものが3つのうちの何に該当するのか、しっかり見分けることが必要だったのですね。

そしてそれぞれのコツまで教えてくださいました。

①ないものを求める時は、根気強く、しがみついて得られるまで求めた時、ふさわしければくださる、とおっしゃいました。また、神様への愛のコネだったら通じるし、悔い改めながら求めるのがコツだとも教えてくださいました。

さらに、得たものは貴重に大切に使いなさい、ともおっしゃいました。

②捜すときは、隠されている宝を探すように、くまなく隅々まで探しなさいとおっしゃいました。

そして魂が行って捜すと大体見つけられると。これは正直私には少々高度ですが(^^;。でも頑張ってみようかな。。。

③個人的には門をたたくことに関する解説が大きな驚きであり大発見でした!

門は塞がっているもの。うまくいっていたのにうまくいかなくなったのは塞いでいるものがあるから。そういう時は門をたたきなさい、と。

門は主。キリスト。その門をこぶしで荒々しく叩く必要はなく軽くノックすればよい、と。つまり、愛の声で主に話しなさい、という事ですね。

だれでも最初から最後まで順風満帆で行く人などいないと思います。うまくいっていたことが途中でうまくいかなくなった時、「なぜ?」という疑問ばかりが最初は浮かんできますが、それは自分の前に門があるということだったのですね。

そういう時には祈って主に告げて、門を開けてもらえるようにするか、または裏門を開けてもらって別ルートをたどるかなど、とにかく門を叩いて自分が前に進めるようにしないといけません。

どうやって門を開けてもらえるかのかはいろいろあるんじゃないかと思います。自分の間違いを悟ることもあるだろうし、次元を上げるべき時になったのかもしれないし、そのままだと危険だから敢えて迂回するようにしているのかもしれないし。。。

とにかく自分でぐちゃぐちゃ考えて躓いていないで、主の門を叩いて打破しないといけないですね。

今週、自分の問題を解決するには何をすればよいのか?求めるべきなのか、捜すべきなのか、または門をたたくべきなのか。問題も3つに裂いてそれぞれふさわしい方法で解決し、前進していきたいですね!

-聖書
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

使徒行伝第16章

お待たせしました!使徒行伝解説シリーズの最新版をアップしました! 今回は第16章です。 この章にはパウロの第二回伝道旅行の前半の行程が記されています。 パウロが神様から啓示を受けながら行き先を決めてい …

パリサイ人への最後通告…マタイ23章

マタイによる福音書解説・第23章をアップしました! この章は、全体にわたってイエス様が律法学者・パリサイ人へ痛烈な批判をする場面になります。 そしてラストにイエス様ご自身の心情を吐露されます。 何だか …

BGM聖書 使徒行伝第7章

BGM聖書 使徒行伝第7章をアップしました! この章は、ステパノの説教の内容とその後殉教してしまう様子が記されています。 ステパノは12使徒ではなく7人の奉仕者の一人として選ばれた人で、使命としては食 …

もどかしい心情・・・マタイ12章

『マタイによる福音書解説』第12章をアップしました! この章は、イエス様のもどかしい心情が溢れている章です。 イエス様が素晴らしい神様の働きをする度にユダヤ人たちがいちゃもんを付けるので、一々イエス様 …

バベルの塔

今週は聖書の中でもとても有名な「バベルの塔」の話が説教の本文でしたね。 実は、一般的にはこの話は言語の始まりの話とされているんですよ。 全世界は同じ言語であったけれど、バベルの塔を建てている時に神様が …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。