私の自論 聖書

「信仰」という土台

投稿日:

今の時代は「行い」が強調されますよね。行いの時代ですから当然です。

だから新入生のうちから行い、行い、と行いを叩き込まれるわけです。

でもここで注意すべきことがあります。基本的には、この行いは「信仰」という土台の上での行いだ、ということです。

よく考えてみたら、旧約時代も結構行(おこな)ってますよね。捧げものを捧げる行いを始めとして、ああしなさい、こうしなさい、こうするな、など行動に関する律法がいっぱいあります。

では、何が違うのか?というと、旧約時代は主従関係。だから無条件従わないといけないのです。心の中がどうであっても。命令だから従う感じですね。

極端な言い方をすれば、「殺すな」という律法に対しては、どんなに殺したくても憎たらしくても殺さなければOK。

それが新約になって信仰の時代になると、内面的なことが重要になってきます。

イエス様はたくさんの事を教えてくださいましたが、特に神様の愛を強調して教えてくださいました。親子としての愛ですね。

まずはこの神様の愛をハッキリ信じることが大事なのです。

律法の時代は法を犯すと石を投げられたり、追い出されたりなど肉的なペナルティーが与えられました。だからそれが恐くて守るわけです。

信仰の時代はペナルティーが恐いから御言葉通りにするのではなく、神様が自分を息子・娘のように愛してくださっていること、御言葉通りに生きれば神様の愛の中で永遠に生きられるという事を確信して、そこに希望をもって御言葉を守るのです。

その信仰の時代を経て今があります。

神様の自分に対する愛の確信(=信仰)がない状態で行なっても旧約時代と何ら変わりありません。もっというと、今は愛の次元が上がっています。

だからまずは信仰の土台をしっかり作ることが大切だと思うのです。その上で行いです。

ご利益を当てにするのも違うと思います。実際ご利益はありますよ。でも結果としてあったということであり、最初からそれを当てにして信じるのは順番が逆です。

ご利益信仰の人は当てが外れたら「やっぱりだめじゃないか」と言って信じなくなります。そういうものじゃないですよね、信仰というのは。

だからここでもう一度信仰について点検してみないといけないと思うのです。

「主よ、主よ、という人が天国に行くのではない」とハッキリ仰っています。

この聖句の直後に、岩の上に建てた家と砂の上に建てた家の話が出てきます。(マタイ7:24~)そして、岩を土台として建てた家は洪水が襲ってきても崩れないけれど、砂の上に建てた家は崩れる、とおっしゃっています。

岩は神様です。(詩篇18:2、31)

私達は岩を土台とした信仰の家をしっかり建てていく必要があるのです。

はっきり確信して行う行いと、なんとなく言われたからする行いでは当然行いの結果も違います。

なんとなく「とにかく行い」という風潮が以前からあったので気になって私の考えをお伝えしてみました。

決して行わなくていい、という話ではありませんよ。また、信仰心がない状態では行ってはいけない、という極端な話でもありません。行いながら信仰心が芽生えることもありますからね。

ただ、盲目的にとにかく行えばよいというわけではないという事です。

まずは信仰心をしっかり育てていきたいですね。

-私の自論, 聖書
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

癒しの奇跡

昨日実際に私の身に起こった出来事です。 昨日は日曜日。教会に行く日であり、また昨日は私たちの教会では聖餐式がある特別な日でした。 なのに。。。いったい何の攻撃かわかりませんが、朝起きたら激しいめまいで …

no image

聖書の力

ふと、私がこの神様の歴史を悟って先生と共に必死に走ってきて(自分では必死に走ってきたつもり)、それによる一番の恩恵って何だろう??って考えてみました。 いろんな細かい祝福もあるんですが、私としては、何 …

no image

複雑な世の中

昨日、ちょっとした私用があり、普段は行かない所の街中を歩きました。 そうしたら、『家出人110番』という看板が目に入り、ちょっと衝撃を受けました。 看板を見ただけで中には入ってないので正確には分かりま …

誰にでも親切にするべき⁈

ある仏教関係者が発信している内容で興味深いものがあったのでご紹介します。 「親切にして舐められる人、慕われる人の違い」という話題です。 その人が、「人に良いことをしたら自分にも返ってくる」という内容の …

no image

最終的には人間の力

今年に入って、豪雪のニュースが多いですよね。 つい先日の北陸の豪雪もそうですし、1月にもJR信越線が大雪で立ち往生して乗客が15時間車内閉じ込められていたというニュースがありました。 雪って時には美し …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。