私の自論 聖書

全ての分野を奪い返そう!

投稿日:

昨日予告した通り、このところ切実に感じたことをお伝えしますね。

それは、一言で言うと『全ての分野を奪い返さなければいけない!』ということ。

今の状態は世の中のほとんどの分野がサタンに握られてしまっているのです。

政界、経済界、法曹界、マスコミ、芸能界・・etc。

だから何だかわけのわからないことがまかり通るし、意味不明な権利が横行しているのです。

犯罪者にも人権を!という主張も一見良いようなんですが、実は完全にあっち側発祥の主張なんですよ。

罪を犯す側の主張です。

勿論、神様も罪を悔い改めた人は許してくださいます。

でも悔い改めてもいないのに先に権利を主張するのはちょっと違うと思うんですよね。(あくまでも私個人の意見です)

カインの氏族は悔い改めて完全にアベルになってから権利を与えるべきでは?と思うのです。そうじゃないと権利を悪用しますから。(あくまでも私個人の意見です)

そもそもそういう人たちは自分の罪を認めません。認めたとしてもお抱え弁護士が言い訳を一生懸命考えてくれてできるだけ罪を軽くするわけです。

だから日本でも「加害者の人権ばかり考えられていて被害者の人権は無視されている!!」と言って被害者側が裁判を不服とすることが少なくないですよね。

それでもまだ日本は欧米に比べたらまだ犯罪に対する人々の目は厳しい方だと思います。

というか、最近は専門家たちより日本の一般国民の方がむしろ正義感が強いように感じています。よく「上の人たちが甘い!」という意見が多く散見されます。

この「上の人たち」がカギなのです。だからこの部分を神様の人たちで埋め尽くされないといけないと思うのです。

法関係だけじゃなくて、政治、経済、芸術、マスコミ等全ての分野で。

実は、サタン側の組織も意識的に数百年かけて様々な分野の「上」を狙って占拠してきたのです!

私達も、今までは基盤を作るところに注力していたので仕方なかった面もありますが、今後は世の中の様々な分野をサタンから奪って来ないといけないと思います。

今は、ダニエル書5章にあるように、本来聖殿で使われるはずの尊い器が酒宴で使われてしまっているような状態です。

ダニエル書では聖殿の器を酒宴に使った王が裁かれてますし、今も神様の法則ではそうなるはずですが、この世の出来事は神様と人間の責任分担によって成り立つため「両面予定」です。

だから私たちの責任分担が大きいのです。

あれこれ些細なことにビクビクしてる場合じゃありません!

今こそ世の中のすべての分野を神様の主管圏に奪い返さなければ!!と思う今日この頃です。

聖殿の器は聖殿で使われるべきです!そこが本来の正しい位置だから。

必ず地上を神様の主管圏に変えたいですね!

ところで、先に言及したダニエル書5章の話をご存知ない方は、以前「サクセスストーリー」で取り上げたことがありますので、そちらをご覧ください。以下、リンクを張っておきます。(映像と文章版どちらもあります)

(ただし、サクセスストーリーは一般向けにしてあるので、「すべての分野を神様の主管圏に奪い返してこなければいけない!」というところまでは言及してません。)

「価値を取り戻そう!」

http://pastor.tokyo/charis/writing/regain-value/

-私の自論, 聖書
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

人参エキスポ

壮年部ツアーシリーズ第三弾。 今回のツアーは、行く直前に岩の祝祭が決まり、またクムサンの人参エキスポにも行ってみなさいと先生がおっしゃったとのことで、人参エキスポにも行ってきました! 主が盛りだくさん …

使徒行伝第2章

お待たせしました! 『使徒行伝解説 第2章』をアップしました! 前回はイエス様が十字架につけられてしまった後、弟子たちに現れて再び心に火を付け、「あなた方に聖霊が下る時、あなた方は地の果てまで私の証人 …

誤解が生じる前に。。

一人一人が貴重で大切な存在だ、という事を知らない人はいないと思います。みんな頭では分かっていることです。 でも、なぜか人は自分にとって都合がいい人と悪い人、大事な人とそうでない人などを無意識のうちに区 …

no image

従姉妹たちと女子会

一昨日から父に会いに福島県の郡山へ行っていました。 いつも父に会いに行くときは、日帰りで、ただ父に会ってすぐ東京に戻っていたんですが、今回は、なんとなく感動があり、母方の従姉妹にも連絡を取ったら、一緒 …

信仰が崩れやすい人

なんとなく。。。最近の説教の内容を聞くと、調子を崩している人が結構いるんですかね。。。 考え過ぎかな?? もしかしたら調子を崩すまでは行かなくても盛り上がらない状態の人は多いのかもしれませんね。 この …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。