聖書

霊的な言葉

投稿日:

金曜日の朝のメッセージの中で、サタンは霊的なことを肉的にする、という話がありました。

聖書を見てみると、それが分かる箇所がいくつもあります。今日はそれを少しだけご紹介したいと思います。

まずは、マタイによる福音書第4章。有名な箇所ですが、イエス様が三つの試みにあった時の話です。

イエス様が40日間断食の祈りをした後、サタンは「この石がパンになるように命じてごらんなさい。」と言いました。

人が断食の祈りをする時というのは霊的な条件を立てる時です。この時のイエス様もそうでした。

霊的な事のためにしているのに、サタンは肉的なことに目を向けさせようとします。そして非真理を真理かのように責めてきます。

この場合は食欲を思い起こさせるようにし、そして「石がパンになる」という非原理的な事をメシヤならできるはずというおかしなスタンスで責めてきました。

石はパンにはなりません。石は石。パンはパン。別物です。

メシヤは魔法使いではありません。メシヤは霊魂の救いのために来ましたし、石がパンになる事は法則に合いません。

たとえ石がパンになったとしても人々の霊魂は救われません。

イエス様はこのサタンの詰問に対し、『人はパンだけでは生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言葉で生きるものである。』という聖書の言葉(申命記8:3)で返しました。

すると、今度はサタンが聖書の言葉を肉的に利用して詰問してきました。

詩篇91:11~12を引用したのです。実際の詩篇のその箇所を抜き出してみます。

『これは主があなたのために天使たちに命じて、
あなたの歩むすべての道で
あなたを守らせられるからである。
彼らはその手で、あなたをささえ、
石に足を打ちつけることのないようにする。』

これだけ読んでも分かると思いますが、ここで言ってる「石に足を打ち付けることがないようにする。」というのは比喩的に描かれているという事が分かります。

全ての道で主が共にしてくださる、という意味です。詩篇90篇からずっと続いている聖句ですので、そこから読めばもっとよくわかります。

しかし、それをサタンは文字通り肉的に解釈して、「宮の頂上から飛び降りてみなさい」というのです。「神様があなたを支えると言ってるじゃないか?」と。

サタンは、「飛び降りても足を打ってケガすることはないでしょ?天使が支えてくれるはずだから。だからやって見せて」と言いたいわけですね。

この通り、本当にサタンは言ってることが滑稽ですよね。何言ってるの?と言いたくなります。

聖句の引用の仕方も意地悪いです。

実際の聖句の『あなたの歩む全ての道であなたを守らせられるからである。』の部分を省き、前後をつなぎ合わせ、「神様が天使に命じると、あなたを石に打ち付けられないように彼らはあなたを手で支える」とだけ言ってるのです。

他にもあります。

イエス様が十字架にかけられる直前、ユダヤ人たちがこう叫んでいました。

『「この人は、わたしは神の宮を打ちこわし、三日の後に建てることができる、と言いました」。』(マタイ26:61)

これも完全に肉的に解釈して言ってます。神殿を壊して三日後に建てられるとデタラメを言ったと言いたいのです。

しかし、ヨハネによる福音書にはこう書いてあります。

『イエスは自分のからだである神殿のことを言われたのである。 それで、イエスが死人の中からよみがえったとき、弟子たちはイエスがこう言われたことを思い出して、聖書とイエスのこの言葉とを信じた。』(ヨハネ2:21~22)

このようなことは今でもあります。

例えば、私達が「主と愛で一体になりなさい」という言葉を聞くとそれは霊的なことだと誰もが理解します。

しかし、これを肉的に解釈するととんでもないことになります。しかも、そう言って迫害してくる人もいるのです。

いつの時代も、サタンは霊的なことを肉的にして攻撃してきます。

御言葉は私たちの武器です。でもサタンも御言葉を利用して攻撃してきます。

その手に乗らないように、日ごろから御言葉を正確に理解しておくことが大事ですね。

-聖書
-, , , , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

使徒行伝第3章

お待たせしました! 「使徒行伝解説」第3章解説をアップしました! 第3章では、ペテロがエルサレムの城内で足の不自由な人を癒すというしるしを起こしました! それを見た人々が驚いて集まり、それををきっかけ …

これが福音だ!

昨日説教中にふと感じたこと。(説教の内容とは関係ないのですが。。) 今まで、先生がサッカーをしたとか、修練会の様子とか、そういうのって歴史の一コマとして捉えていたんですね。 実際歴史の一コマなんだけど …

BGM聖書 癒しと奇跡

BGM聖書の最新版をアップしました! (BGM聖書は音楽にのせて聖書の朗読をしているYouTubeの番組です。) 今回はマタイによる福音書第8~9章です。 主にイエス様の癒しと奇跡についての内容になり …

金の器

今週は、「自分を造る」ということがテーマですね。 自分が造られた通りに使われると。 今週の聖書の本文でもあるテモテ第二の手紙二章の器の話ですが、昔、先生からその箇所の話を聞いたことがあり、その時凄く衝 …

告別説教

ヨハネによる福音書14章~17章は、イエス様の「告別説教」と呼ばれている御言葉です。十字架を道を行く直前、最期の言葉としてイエス様が弟子たちに話してくださった内容です。 その前の13章は、有名な「最後 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。