私の自論 聖書

福音を伝える決心

投稿日:

今日は月曜日です!新しい一週間が始まりました!今週も共に頑張りましょうね!

昨日の説教の最後の方で先生が、みんな講義できるようになりなさい、とおっしゃいましたが、その時なんとなく使徒パウロの言葉が思い浮かびました。

しかし、わたしは自分の行程を走り終え、主イエスから賜わった、神のめぐみの福音をあかしする任務を果し得さえしたら、このいのちは自分にとって、少しも惜しいとは思わない。』(使徒行伝20:24)

凄い言葉ですよね。使徒パウロは福音を伝えることに人生を捧げていたという事がこの聖句から分かります。

ここまで言えたら本当にカッコいいですね!

これだけ聞くと、自分はそこまではちょっと。。。と思う人もいるかもしれません。

でも、このパウロも最初からそうではなかったのです。

ローマ人への手紙にはこう書いてあります。

わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、ギリシヤ人にも、すべて信じる者に、救を得させる神の力である。』(ローマ1:16)

ここで「私は福音を恥としない」とあります。

私が先生から聞いた話はこうです。敢えて「恥としない」と言っているという事は、恥としていた時があったからだと。

つまり、あのパウロも最初は福音を伝えることを恥としていたという事です。

恐らく文字通り「恥だと思った」というより、伝えるのがためらわれたという事ではないかな?と個人的には思うんですけどね。

それか、迫害時代の事を思い起こしてその当時は「恥としていた」ということか。。。

実際、パウロが福音を伝える人となった経緯は劇的です。

パウロは元々ユダヤ教のパリサイ派に属しており、厳格なユダヤ教徒として、イエス様を信じる人を大迫害していたため、使徒たちから恐れられていた存在だったのです。

大迫害していた人が急にイエス様を述べ伝えるのですから、当然立場は悪くなります。

自己矛盾が生じるでしょうし、昔の仲間からは恨まれるし、逆に使徒たちからは疑われるし、躊躇しないわけがありません。

その心の葛藤というのは聖書にはほとんど書かれていないので憶測するしかありません。聖書にチラッと書かれている「恥としない」という決意表明からなんとなく察するくらいです。

でも、とにかく結果だけを見たら、パウロは大伝道者に生まれ変わりました。

だから、どんな人でも最初からうまくやっていたわけではなかったという事です。

大伝道者の使徒パウロでさえ、最初は「福音を恥としていた」という事実は、私たちにとって大いに参考になるのではないかと思います。

また、大迫害者だったとしても、聖霊の感動と本人の決心とでその後の人生は大きく変わることができるという事実も示しているといえます。

今、いろんな状態の人がいると思います。

福音を伝えたいけど技術的に自信がない人、講義案も作って練習もして伝える準備はバッチリしたけど心が決心できない人、状況的に難しい人等々。

でも、2000年前の使徒たちが最初から言葉の才能にも恵まれて雄弁で、すべて良い条件がそろって福音を伝えていたわけではありません。

みんな、どこかの時点で決心して福音を述べ伝え始めたのです。

決心が自分の運命を変えます。

迷っているのは自分だけではない、みんなそういう状況から復活したのだ、という事を忘れてはいけないですね。

-私の自論, 聖書
-, , , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

自分の今と昔

自分の中で今と昔とで違っていることがあります。 それは信仰生活する上での自分の方針。 若い頃は、特に使命に関しては何事も経験だ!これも訓練だ!と思って嫌なこともあれこれ引き受けて頑張っていました。(少 …

no image

それって本当???だったらいいな。。。

皆さん、日ユ同祖論ってご存知ですか?これは、日本人とユダヤ人が同じ祖先だ、という学説です。 私は以前から知ってましたが、最近またこれが盛り上がりを見せているようです。 日本人のルーツについては各種様々 …

no image

神様からの恩恵⁈

面白い記事を見ました。 日本人は欧米人に比べ、アルコールに弱いということは周知の事実ですが、なんと!日本人はアルコールに弱くなるように進化していったのだそうです! 進化の過程で、日本人にとってはアルコ …

no image

一瞬一瞬の積み重ね

今日の説教を聞いて、昔読んだある箴言が思い浮かびました。 家に帰ってからさっそく確認。その箴言がこれ。 『一滴一滴の雨が集まって小川を成し川を成し海を成すように、時間が集まって小さな歴史から大きな歴史 …

no image

必死さ

福井県の男子中学生二人が、日本語の通じない外国人の迷子を、学校で習った英語を駆使して警察まで連れて行き、無事に親に引き渡すことができたそうです。 この功績に、福井県警は、2人に感謝状を贈ったそうです。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。