独り言 聖書

ノアの洪水とコロナ

投稿日:

今からお伝えすることは聖書に基づく分析ではありますが、完全なる私の妄想なので決して信じないでください。(笑)

という前置きをしたうえで。。。

今の時代はノアの時代のようだなと思うのです。

ノアの洪水が始まったのはノアが600歳の時の2月17日。この日から雨が降り始めました。(創世記6:11)

そして山々が水で覆われた後雨がやんで水が減り始め、150日後の7月17日には箱舟がアララテ山にとどまった、とあります。(創世記8:3~4)

この期間は2月17日~7月17日のちょうど5か月間。うむ。。

なんか関係ありそうな感じが。。。というわけで今の時代をノアの時代に当てはめてみました。

今の私たちは、ちょうど5か月経った時。ノアでいえば箱舟がアララテ山にとどまった時です。

ノアの時はその後どうなったかというと、だんだん水が減って10月1日に山々の頂が現れ(結構長い。。)、さらに40日経ってからハトを放ったところ、まだ足をとどめるところがなくて戻ってきた、とあります。

ということはコロナも10月1日までかかってだんだん収まりはするけれど、その後40日経ってもまだ通常の活動が再開できる状態ではない、ということなんでしょうかね。。。

ノアはその後さらに7日待ってから再びハトを放つと、ハトはオリブの若葉をくわえて戻ってきました。

これによってノアは地から水が引いたのを悟り、さらに7日待って再びハトを放ったところ、ハトは戻ってこなかった、とあります。

これを合計すると、10月1日から40日+7日+7日。10月1日から54日後ということは11月後半ですね。日本では勤労感謝の日あたり。

このころにはハトが活動できるくらい(個人的な活動や小規模な活動はできるくらい?)にはなってるということなのかな?(^^;

しかし、聖書にはさらなる続きがあります。

ノアの601歳の1月1日に地の上の水は涸れ、2月27日になって地は全く乾いたとあります。

この時になって初めて神様がノアに向かって「箱舟から出なさい」という指令を出しました。

ノアが箱舟に入ったのは600歳の2月17日。

箱舟から出られたのは601歳の2月27日。

つまり。。。洪水は5か月で収まったけれど、実際にノアが箱舟を出ることができたのは約1年後ということです。

雨が降り始めてピークになるまでより、収まってから箱舟を出られるまでの期間の方が長いんですよ。

日本は自然災害が多いですから実際にニュースを見ていてもわかりますが、洪水になるのは一瞬。でも水が引くのは時間がかかります。

雨がやんだら終わり、ということではないんですよね。

さらに復興して元通りになるにはもっと時間がかかります。

ノアが箱舟から出た後はどうなったかというと、再び神様が三大祝福をしてくださったことが記されています。(創世記9:1~3)

ということは、ここから再スタートということです。

今、2月から数えて5か月経ち、山は(ピークは)越えたのだと思います。

でも、これから少しずつ状況は良い方向に向かうと思いますが、完全にコロナ体制が解かれる(箱舟から出られる)のは来年ということになるのかもしれません。

しかもそこから再スタートです。

艱難自体は5か月でもその後の経過はさらに時間がかかるということですね。

今の時代をノアの時代に当てはめてみるなら、私たちが思ってるより時間がかかることを覚悟しておいた方がいいと思いますし、すぐ元に戻らないからと言って不信してはいけませんね。

まぁ、実際にどうなるかはわかりませんが。。。

以上、私の妄想によるコロナ体制終息予想でした。(笑)

-独り言, 聖書
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

東日本大震災から10年

3月11日は皆さんご存じの通り、東日本大震災の日です。 もう、10年も経ったんですね。。。 皆さんはあの時、どう過ごされていましたか? 実は私、あの時新宿のビル街をちょっと抜けたあたりに住んでいたんで …

愛がほしければ。。。

今から言う事は、完全に自分のことを棚に上げて言うのですが。。。(^^; 今週は愛の話ですよね? 私の長年の指導者経験からちょっと一言。 私は神様じゃないから内面が完ぺきではなく、正直なところ、だれでも …

愛で締めくくろう!

今週の説教はタラントの話でしたね。先週に引き続き今年を評価しつつ来年に向けて希望を持たせてくれる内容でした。 このタラントの話も年末にお馴染みの話で今まで何度も聞きましたが、今週は初めて聞く新しい話も …

奪われないようにするには?

私達は神様からたくさんの祝福を受けていますが、人間の問題はそれをいつの間にか奪われてしまうことです。 たとえば、何かいいことがあると「神様、感謝します!」といって恵みいっぱいになります。しかし、嫌なこ …

耐えられない祝福

今週、ミカとクララシリーズで「マタイによる福音書解説」の27章をアップしましたが、改めて27章の内容を吟味しながら感じたことがありました。 それは、どちらかというと信仰的なことというよりは、精神的・心 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。