ミカとクララ 聖書

パリサイ人への最後通告…マタイ23章

投稿日:

マタイによる福音書解説・第23章をアップしました!

この章は、全体にわたってイエス様が律法学者・パリサイ人へ痛烈な批判をする場面になります。

そしてラストにイエス様ご自身の心情を吐露されます。

何だか天の痛みが伝わってくるようで切ない気分になってしまうかもしれません。。

それと余談ですが、私の個人的な感覚として、今の日本の状況(世の中の構造というか。。。)とも被る気がしました。

伝統と権威、外面ばかりを重んじたり、揚げ足取りや言葉狩りばかりしたりして本質からズレている人々への批判ともいえると思います。

人間のすることって今も昔も変わりませんね。(^^;

【内容】

  1. 律法学者・パリサイ人の偽善
  2. 7つの災い
  3. エルサレムに対する非難
再生リスト https://youtube.com/playlist?list=PLrE21C_3WUK8u8O28J6BeXbFVksAmnzZ2 https://youtu.be/o21t-UEzhIE

-ミカとクララ, 聖書
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

パウロの第一回伝道旅行

お待たせしました! 「使徒行伝解説」最新版をアップしました! 今回からいよいよパウロの伝道旅行が始まります! パウロが異邦の国々に福音を伝えるために旅をして回った記録です。 この第13章では、パウロと …

アンテオケ教会設立!

昨日に引き続き、動画アップのお知らせです! 「使徒行伝解説第11章」をアップしました! 前回(第10章)は、カイザリヤのコルネリオという百卒長を筆頭に、異邦人たちがペテロの証を聞いて聖霊を受けた、とい …

使徒行伝25・26章

『使徒行伝解説』シリーズ最新版をアップしました! 前回は、パウロがカイザリヤで裁判を受けましたが、総督のペリクスがパウロに罪がないのを認めながらもユダヤ人の歓心を買うために判決を先送りにし、2年間パウ …

金の器

今週は、「自分を造る」ということがテーマですね。 自分が造られた通りに使われると。 今週の聖書の本文でもあるテモテ第二の手紙二章の器の話ですが、昔、先生からその箇所の話を聞いたことがあり、その時凄く衝 …

異邦人のペンテコステ

「使徒行伝解説」第10章をYouTubeにアップしました! 第10章ではカイザリヤのコルネリオという百卒長(完全な異邦人でローマの軍人)が伝道され、そこに聖霊が下るという衝撃的な出来事が起こります! …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。