聖書

福音と信仰

投稿日:

今朝、「刈り取りなさい」という主題から思い浮かんだ聖句があるので紹介したいと思います。

『それだから、神の安息にはいるべき約束が、まだ存続しているにかかわらず、万一にも、はいりそこなう者が、あなたがたの中から出ることがないように、注意しようではないか。 

というのは、彼らと同じく、わたしたちにも福音が伝えられているのである。しかし、その聞いた御言は、彼らには無益であった。それが、聞いた者たちに、信仰によって結びつけられなかったからである。』(へブル4:1~2)

うむ。。。

この聖句の通りなんですが、まずはチャンスが存続している、という事を認識しないといけないですよね。

しかもそのチャンスは無期限ではなくタイムリミットがあるということ。でも今はまだチャンスが存続している!ということ。ここが重要!

だから入りそこなうことがないように、まだチャンスがある今が刈り取るべき時だという事だと思います。

後半の聖句も深刻です。

たとえ福音を伝えても、福音が信仰に結び付けられなかったら意味がないという事なんです。

勿論、福音は、聞けば信仰に結び付けられなくても世の中の成功に役立つでしょうし、人格も形成されるでしょう。

だから肉的に考えれば意味がないわけではありません。

でも、霊の救い、もっと言うと、引き上げという点では無益だということです。

福音を伝えるときは「言った」「言わない」の問題じゃないんです。

言うべきことは言わないといけませんが、言ったからOKというわけでもありません。

聖霊の感動によって、聞いた言葉が信仰に結び付けられることが大事です。

皆さんは福音を聞いて「信じる」という事ができるでしょう?これは大きな祝福です。

聞いても体験しても絶対に信じない人、信じたくない人というのが存在しますから。

たまに、こちらから見ると明らかにその人の上にしるしもあるし神様の御働きもあるのに全く信じない人っていますよね?

きっと何かの主管を受けているのだと思います。

その主管されてるものを取り除くお祈りが必要かもしれませんね。

大抵、偶像があるんですよ。科学信者とか自分を信じる自分信者とか。。

また、以前先生は、その人の蕩減が終わってないと伝道されない、とおっしゃっていたこともあります。

そういう場合は本人が分かって悔い改めることができないので、伝道者や管理者が代わりに祈ってあげないといけないかもしれません。

いずれにしても、福音が信仰に結び付かない人には何かしら原因があります。

ですから、こちらがただ一生懸命頑張るというだけでは解決できず、原因を取り除く行為が必要です。

福音は霊魂の救いのための言葉です。

このチャンスの時に、一人でも多くの人が救われますように。。

-聖書
-, , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

ステパノの殉教

「使徒行伝解説」6~7章をアップしました! 使徒行伝はイエス様が苦難を受けた後、使徒たちがイエス様に代わって御心を成し遂げていく歴史の物語です。 ある意味、私達と同じ立場の人たちの話になります。キリス …

BGM聖書 使徒行伝第18章

BGM聖書 使徒行伝第18章をアップしました! 第18章はパウロの第二回伝道旅行の終盤から第三回伝道旅行に行くところまでの内容になります。 第二回伝道旅行でパウロが最後に宣教した都市はコリントでした。 …

異邦人のペンテコステ

「使徒行伝解説」第10章をYouTubeにアップしました! 第10章ではカイザリヤのコルネリオという百卒長(完全な異邦人でローマの軍人)が伝道され、そこに聖霊が下るという衝撃的な出来事が起こります! …

攻撃と防御

今週は、「気を付けなさい」がキーワードですね。 ただし、おびえる話ではなく、気を付けた上で心配せず活動しなさい、という内容でした。 これを聞きながら何となくネヘミヤ記の内容が思い浮かびました。 それに …

からし種一粒の信仰・・・マタイ17章

マタイによる福音書解説第17章をアップしました! いつもは水曜日あたりにアップしますが、この17章は、ちょうど今週の説教に出てきた「からし種一粒の信仰があれば山が動く」の個所が含まれており、早く皆さん …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。