聖書

良い言葉と御言葉

投稿日:

世の中には「良い言葉」が溢れています。

本屋に行ってもそういう本が多いし、SNSにも良い言葉が溢れてます。

感謝すること、前向きに考えること、失敗を糧に変えること、などなど。そんな言葉には「イイね」がたくさん来ています。

また、ある人が自分の失敗談や悩みなどを投稿するとそれに対する慰めや励ましの言葉、解決方法などがいっぱい来ます。

本当に世の中良い人が多いんだな~と感心するくらいです。

だから実際、こういう言葉で元気が出たり、落ち込んでいたところから立ち上がったりできる人がたくさんいるのだと思います。

正直、「良い言葉」だけを求めているのならわざわざ教会に来る必要はないでしょう。

では、教会に来て聖書を学ぶ意味は何なのでしょうか?

人間には霊・魂・肉の三つが存在します。このうちの魂は心・精神・考えによって成り立っていると言っても良いです。

ですから、「良い言葉」は魂のためにはとても良いと思います。

でも、「良い言葉」だけでは神様の御心や計画、神様の心情は分かりません。

なぜ人間が作られたのか、何のためにどこに向かって生きるべきか、死んだ後どんな世界があるのか、こういう人類の根本的な問題は「良い言葉」では解決できません。

神様の御心を成すなら「御言葉」がないとできないのです。

神様と共に御心を成していく過程では嫌なこともあります。

正直、世の中で生きていたらこんな苦労はなかっただろうと言いたくなることもたくさんあります。

でも、それを通して神様の心情を悟ることが多いのです。悟れず誤解してしまう人も少なからずいますが、自分の体験を通して神様の心情を悟ると、聖書の言葉が本当にリアルに感じられるようになるのです!

これは私自身の体験談としてもはっきりと証できることです。自分が指導者になって一番良かったと思う点はこれです。苦労は多かったけれど、聖書がリアルに感じられ、読むと感情移入できるほどになったという事。

そうすると、さらに信仰が深くなり、神様への愛が増し加わります。

こうやって自分が成長し、自分の霊体が神様の姿かたちに近づいていくのです。

「良い人」になるなら「良い言葉」で十分。でも私達は神様の御心を成す人たちです。永遠に神様と共に生きる人たちです。

ハッキリわかってハッキリ証して自信と誇りを持って生きていきたいですね!

-聖書
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

最後の晩餐・・・マタイ26章

お待たせしました! マタイによる福音書解説第26章をアップしました! この章は福音書最大の山場であるイエス様の受難の場面に入っていきます。 改めてイエス様の心情に寄り添ってこの章を見るとき、人間の愚か …

再臨を待つ人の姿勢…マタイ25章

マタイによる福音書解説第25章をアップしました! この章は、イエス様が再臨したら、その時どういう人が喜ばれ、どういう人が悔しい思いをするのか、という事をたとえ話を使って話してくださった箇所になります。 …

「信仰」という土台

今の時代は「行い」が強調されますよね。行いの時代ですから当然です。 だから新入生のうちから行い、行い、と行いを叩き込まれるわけです。 でもここで注意すべきことがあります。基本的には、この行いは「信仰」 …

誰にでも親切にするべき⁈

ある仏教関係者が発信している内容で興味深いものがあったのでご紹介します。 「親切にして舐められる人、慕われる人の違い」という話題です。 その人が、「人に良いことをしたら自分にも返ってくる」という内容の …

使徒行伝25・26章

『使徒行伝解説』シリーズ最新版をアップしました! 前回は、パウロがカイザリヤで裁判を受けましたが、総督のペリクスがパウロに罪がないのを認めながらもユダヤ人の歓心を買うために判決を先送りにし、2年間パウ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。