聖書

金の器

投稿日:

今週は、「自分を造る」ということがテーマですね。

自分が造られた通りに使われると。

今週の聖書の本文でもあるテモテ第二の手紙二章の器の話ですが、昔、先生からその箇所の話を聞いたことがあり、その時凄く衝撃を受けたのを覚えています。

尊い器は尊く使われ、卑しい器は卑しく使われる、というところまでは普通に納得だったのですが、びっくりしたのはその先の話です。まさに新しい時代の話です。(笑)

今の時代は、大金持ちの家なら全ての器が金の器でも良いのだと。例えば犬の餌の器とかおまるとか(笑)そういうものも金の器で造っても良いのだと。

つまり、卑しいことから尊いことまで全てを金の器でそろえるということです。

確かに。。。犬に金の器を使わせてはいけない、という事はありませんからね。自分達も金の器を使い、余裕があるなら犬にも金の器を使わせてもいいわけです。

尊いものが金の器ならみんなが喜ぶのは勿論の事、ましてや犬の器まで金だったら、この家は凄いな~と感嘆するしかありません。

逆に土器などの器だったら使い道が限られます。犬の器なら土器でも何とも思われないかもしれませんが、尊いことには使えません。

このように、卑しい器なら使い道が限定されますが、金の器だったらどう使われても喜ばれるということです。

だから自分を金の器に造るべきなのだと。

凄く納得ですよね。

自分を金の器に造ったら神様にも喜ばれるし、人にも喜ばれるという事です。

やっぱり先生の聖書の話は面白くて悟り深いです!

最初に喩えた「大金持ちの家」とは神様の家のことです。

神様は、ご自分の家をすべて金の器にすることを望んでいらっしゃるのだということです。

是非とも今、自分の時間がある今のこの時を逃さず、自分という器を金の器として造っていきたいですね!

以前、この話をサクセスストーリーで伝えたことがあります。そこではもう少し詳しく話しています。

リンクを張っておくので興味のある方は是非見てみてくださいね!(音声・映像・文章全てあります)

サクセスストーリー~成功の秘密~ 31.『金の器の人生』

http://pastor.tokyo/charis/writing/gold-vessel-life/

-聖書
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

神様の法は易しい

今朝、先生が「神様の法は易しい」とおっしゃっていましたが、それを聞きながら以前先生から教えていただいたことを思い出しました。 どんな内容かというと、 『神様は本当に優しい方だ。なぜなら易しい簡単な法を …

使徒行伝第17章

『使徒行伝解説』第17章をアップしました! 17章はパウロの第二回伝道旅行の後半になります。 前回(16章)のピリピに引き続き、17章ではテサロニケ、ベレヤ、アテネへと進んでいきます!。 テサロニケと …

使徒行伝25・26章

『使徒行伝解説』シリーズ最新版をアップしました! 前回は、パウロがカイザリヤで裁判を受けましたが、総督のペリクスがパウロに罪がないのを認めながらもユダヤ人の歓心を買うために判決を先送りにし、2年間パウ …

不信仰な人々・・・マタイ解説

マタイによる福音書解説第11章をアップしました! この章では、バプテスマのヨハネに関するイエス様の見解、そしてイエス様が様々な活動を通してしるしを見せたのに悔い改めなかった街々についての見解など、イエ …

ダビデ王の信仰

今日は、聖書の英雄の1人、ダビデについてちょっとお話しようと思います。 ダビデは、旧約聖書の中で神様が「私のしもべダビデのようにするならあなたは栄えるだろう」とおっしゃるくらい、神様の自慢の人でした。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。