聖書

聖書の意訳

投稿日:

今朝、先生から聖書の訳についての話がありましたが、日本語の聖書でも同じようなことがあるんですよ。

私達の教団では「口語訳」の聖書を使ってますが、ここ最近では日本でも「新共同訳」「聖書協会共同訳」などの新しい訳の聖書が出版されるようになりました。

日本語としての文章は新しい聖書の訳の方が柔らかいし、内容ごとに小見出しがついていたりして読みやすいんですね。新しい訳の聖書は読みやすくするための工夫が感じられるのです。

口語訳聖書は正直ちょっと固い日本語じゃないですか?

だから初心者にはそちらの聖書の方が口語訳よりは読みやすいんじゃないのかな?と思って店頭で手に取っていろいろ見てみたことがあるのです。

見てみた結果、私達としては使えないことが分かりました。

なぜかというと、比喩を勝手に解いて意訳されてしまっているのです。先生の仰っていた通りです。

例えば、出エジプト記23:28。ここで「くまばち」という単語が出てきて私たちは蜂の比喩について学びます。

しかし、新共同訳及び聖書協会共同訳の聖書では「くまばち」が「恐怖」という単語に変わってしまっているのです。

『 私は、あなたより先に恐怖を送り、ヒビ人、カナン人、ヘト人をあなたの前から追い払う。 』

となっています。

蜂の比喩で使う他の聖句も全て「くまばち」が「恐怖」という単語になっています。これだと蜂の比喩を解くことができませんし、かえって深い意味が分かりません。

また、今週の聖句でもある黙示録2章のエペソ教会に向けての話の最後の部分ですが、口語訳聖書では「耳のある者は、御霊が諸教会にいう事を聞くがよい。」となっています。

しかし新共同訳・聖書協会共同訳では「が諸教会に告げることを聞くが良い」になっています。

「御霊が」の部分が「霊が」になっているのです。

細かいことなんですけどね。でも、「御霊」ということなら聖霊が言う事、と受け取れますが、「霊」だと一体何の霊か特定されてないのである意味危険です。いろんな霊がいますからね。

この他にも細々といろいろ違いがあります。

先生の仰っていた通り、良かれと思ってやっているうちにちょっとズレてしまったという感じがします。日本人受けが良いように。

でも、こういう事って私たちの間にもあり得ることじゃないかと思うんですよね。

もっとわかりやすく、日本人に馴染みやすく、という点ばかりに焦点を当ててしまって本質からズレてしまうという事。

間違う時って、誰でも意図的に間違おうと思って間違うわけじゃないじゃないですか?この方が良いのでは?と思っているうちにズレてしまうという事がほとんどじゃないかと思うのです。

はじめの愛から離れるのもそういう原因があるような気がします。

もっとこうした方が良いのでは?。。。。と思ってやっているうちに疑問を持ち始め、信仰も愛も冷めてしまったり。。。

より良くすること、時代に合うようにすることは復活していくことであり必要なことです。

でも本質は見失わないようにしたいですね。

-聖書
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

金の器

今週は、「自分を造る」ということがテーマですね。 自分が造られた通りに使われると。 今週の聖書の本文でもあるテモテ第二の手紙二章の器の話ですが、昔、先生からその箇所の話を聞いたことがあり、その時凄く衝 …

良い言葉と御言葉

世の中には「良い言葉」が溢れています。 本屋に行ってもそういう本が多いし、SNSにも良い言葉が溢れてます。 感謝すること、前向きに考えること、失敗を糧に変えること、などなど。そんな言葉には「イイね」が …

癒しとしるし

『マタイによる福音書解説シリーズ』第8章をアップしました! 前回の第7章までは「山上の垂訓」の場面でした。 山の上でイエス様が様々なことを教えてくださったことに由来しています。 この第8章には、イエス …

「実」を見て!

今週はマタイによる福音書7:15~23からの説教でしたね。この箇所は過去に何度も出たことがある箇所です。 人を見分ける事について、イエス様が教えてくださった箇所です。イエス様は「その実」によって見分け …

心の貧しい人は幸いである

今週はマタイによる福音書5章の8つの祝福についてでしたね。 この聖句については過去に何度か出ていて、初めて聞いた時はものすごく感動したのを覚えています。それまで一つ一つ意味を解説する形で教えてもらった …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。