ミカとクララ 聖書

エルサレム会議…BGM-Acts-15

投稿日:

表題の通り、BGM聖書 使徒行伝第15章をアップしました!

第15章は「エルサレム会議」と言われる有名な箇所です。

元々キリスト教はユダヤ教の一派とみなされていました。

しかし、実際はキリストの教えはユダヤ人のためだけの教えではなかったので教えは異邦人に幅広く受け入れられていきました。

その時ユダヤ教出身者たちと意見が衝突したのです。

モーセの律法も完璧に守らせるべきというユダヤ教出身者と、パウロなど異邦人伝道を行いながら異邦人に対する主の御力を肌で感じていた人たちとの間で考えが違っていたのです。

「エルサレム会議」ではそうしたお互いの意見の調整のために行われました。

この結果、異邦人伝道の負担が軽減され、より幅広い世界に福音が広がっていくこととなりました。

新旧の意見の衝突はいつの時代にもあるのですね。

どうやってその衝突を治めていったのか、とくとご覧ください!

-ミカとクララ, 聖書
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

遺言書作成

『どう生きる?人生の後半戦‼』をアップしました! 今回は、私の父が遺言書を作成した時の話を中心に、遺言書とはどういうものなのか、遺書との違いは何か、どんな種類があるのか、タイムリミットはあるのか等につ …

バベルの塔

今週は聖書の中でもとても有名な「バベルの塔」の話が説教の本文でしたね。 実は、一般的にはこの話は言語の始まりの話とされているんですよ。 全世界は同じ言語であったけれど、バベルの塔を建てている時に神様が …

パーソナリティと認知症

『どう生きる?人生の後半戦!』の最新版をアップしました! 今回は、パーソナリティ(個性)と認知症の関係についてお伝えします! どんな個性(というか、性格)の人が認知症になりやすいのか、ちょっと気になり …

サンタクロースとクリスマスプレゼント(再アップ)

クリスマス特集No.3は、サンタクロースやクリスマスプレゼントがキリスト教と関係あるのか?という話題に迫ります! 子供のころ、クリスマスと言えばサンタクロースでしたよね? サンタクロースがプレゼントを …

BGM聖書 使徒行伝第21章

お待たせしました! BGM聖書使徒行伝第21章をアップしました! この章は、パウロが第3回伝道旅行の帰途につき、エルサレムに向かう所から始まります。 エルサレムに戻ってきたパウロは仲間からは歓迎されな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。