ミカとクララ 聖書

エルサレム会議…BGM-Acts-15

投稿日:

表題の通り、BGM聖書 使徒行伝第15章をアップしました!

第15章は「エルサレム会議」と言われる有名な箇所です。

元々キリスト教はユダヤ教の一派とみなされていました。

しかし、実際はキリストの教えはユダヤ人のためだけの教えではなかったので教えは異邦人に幅広く受け入れられていきました。

その時ユダヤ教出身者たちと意見が衝突したのです。

モーセの律法も完璧に守らせるべきというユダヤ教出身者と、パウロなど異邦人伝道を行いながら異邦人に対する主の御力を肌で感じていた人たちとの間で考えが違っていたのです。

「エルサレム会議」ではそうしたお互いの意見の調整のために行われました。

この結果、異邦人伝道の負担が軽減され、より幅広い世界に福音が広がっていくこととなりました。

新旧の意見の衝突はいつの時代にもあるのですね。

どうやってその衝突を治めていったのか、とくとご覧ください!

-ミカとクララ, 聖書
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

どうやって夢を持つ?

私がある聖句を確認するために聖書を開いていたら、それとは別にふと目に入った聖句があり、急にピンと来たのでそのことについてお伝えしようと思います。 よく、『夢を持ちなさい』とか『夢を実現しよう』とか言わ …

BGM聖書

お待たせしました! BGM聖書Vol.4 『第二の垂訓 天の国の宣教者 この世の不信仰」 をアップしました! 今回はマタイによる福音書10~11章です。 小見出しがついているのでそのまま聞き流しても内 …

パーソナリティと認知症

『どう生きる?人生の後半戦!』の最新版をアップしました! 今回は、パーソナリティ(個性)と認知症の関係についてお伝えします! どんな個性(というか、性格)の人が認知症になりやすいのか、ちょっと気になり …

ヘロデ王豆知識

今週、ヘロデ王の話題が出たので、ついでに(笑)聖書に登場するヘロデ王についてお伝えしようと思います。 実は、聖書にはヘロデ王が7人登場するんです!しかし聖書にはただ「ヘロデ」としか書かれてなかったり、 …

BGM聖書 使徒行伝第6章

BGM聖書 使徒行伝第6章をアップしました! 第6章は、7人の奉仕者の選出、そしてその中の一人であるステパノの活躍について記されています。 だんだん12使徒以外の信徒たちの活躍も目立ち始めてきた場面で …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。