ミカとクララ 聖書

使徒行伝第8章

投稿日:

お待たせしました!

使徒行伝第8章の解説をアップしました!

前回の第6・7章では、ステパノが殉教してしまうという悲しい出来事が起こりました。

その後どうなってしまったのか、というのが第8章の内容になります。

エルサレムではステパノの殉教がきっかけとなり、キリスト者に対する大迫害が起こってしまいました。

そのため、信徒たちはエルサレムにいることが危険な状態になってしまい、使徒たち以外の信徒たちは皆、エルサレムを脱出をして方々に散らざるを得ない状況になってしまいました。

こうして地方に散って縮こまってひっそり悲しく過ごすのかと思いきや…なんと、そこで信徒たちが大活躍することになります!

特に第8章ではピリポ(7人の奉仕者のうちの1人)が活躍ぶりが記されています!

大迫害で散らされたことを逆手にとって活躍する使徒たちのたくましい精神と行動力は、現代の私達も学ぶところがあります。

是非、ご覧ください!

【内容】

  • ①エルサレム教会への大迫害
  • ②ピリポのサマリヤ宣教開始
  • ③サマリヤの魔術師シモン
  • ④ピリポ、エチオピア人の高官を伝道

-ミカとクララ, 聖書
-, , , , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

モーセの十の災い(前編)

年末特別企! 聖書ミステリー「モーセの十の災い」 をアップしました! モーセの十の災いとは何かご存じですか? 出エジプトの時、モーセがエジプトの王と交渉していた際に起こったしるしです。 初め、エジプト …

使徒行伝第5章

お待たせしました!使徒行伝解説シリーズ『第5章』をアップしました! 今回は使徒たちの活動が大きくなるにつれて内部でちょっとした事件が起こりました。しかしペテロを通して神様が働き、人の心の奥底まで見通さ …

攻撃と防御

今週は、「気を付けなさい」がキーワードですね。 ただし、おびえる話ではなく、気を付けた上で心配せず活動しなさい、という内容でした。 これを聞きながら何となくネヘミヤ記の内容が思い浮かびました。 それに …

使徒行伝第19章

お待たせしました! 『使徒行伝解説』シリーズ、第19章の動画をアップしました! この第19章ではエペソでのパウロの宣教の様子が描かれています。 パウロがしるしを見せたり、ツラノの講堂を借りて腰を据え、 …

聖書の言葉とは?

少し前の話になりますが、読んでる途中で読むのをやめた本があります。今週の御言葉を聞いてそのことを思い出しました。 それは、スピリチュアリストを名乗る某有名人が、聖書の言葉を引用して人々の悩みを解決する …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。