ミカとクララ 聖書

使徒行伝第14章

投稿日:

「使徒行伝解説」の最新版(第14章)をアップしました!

前回からパウロの第一回伝道旅行が始まりましたが今回はその後半です。

パウロとバルナバは、ピシデヤのアンテオケからイコニオムという所に移動し、迫害と戦いつつ精力的に伝道を進めます。

さらにルステラという所に行ったときには大歓迎を受けたものの、ちょっとした事件(面白事件)も起こります!

一方、迫害者達は懲りもせずピシデヤのアンテオケから押しかけてきて民衆を扇動しながら迫害活動を展開します。

この14章も波乱万丈で最後まで目が離せません!

不屈の精神で敵と戦いながら福音を広めていった様子を見ながら力を受ける方々も多いと思います!

是非ご覧ください!

【第14章構成】

  1. イコニオムでの宣教
  2. ルステラでの歓迎
  3. 迫害と宣教
  4. 帰途
使徒行伝解説 再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLrE21C_3WUK9L41zOg9ecY2XMii6btAn2

-ミカとクララ, 聖書

執筆者:


コメントを残す

関連記事

低栄養に要注意!

『どう生きる?人生の後半戦!!』の最新版をアップしました! 今回は「低栄養」についてミカさんがお話しして下さいました! 今は「メタボはいけない」という認識は定着しましたが、実は痩せていても死亡率が上が …

逆境が功を奏した?!

私が30個論の講義以外でも聖書を頑張って勉強したのには、あるきっかけがあります。 それは、1999年。墓の期間に入って、先生が視界から消えた時期です。一時期は説教も届かなかったし、とにかく御言葉含め与 …

「信仰」という土台

今の時代は「行い」が強調されますよね。行いの時代ですから当然です。 だから新入生のうちから行い、行い、と行いを叩き込まれるわけです。 でもここで注意すべきことがあります。基本的には、この行いは「信仰」 …

BGM聖書

お待たせしました! BGM聖書Vol.4 『第二の垂訓 天の国の宣教者 この世の不信仰」 をアップしました! 今回はマタイによる福音書10~11章です。 小見出しがついているのでそのまま聞き流しても内 …

ダビデ王の信仰

今日は、聖書の英雄の1人、ダビデについてちょっとお話しようと思います。 ダビデは、旧約聖書の中で神様が「私のしもべダビデのようにするならあなたは栄えるだろう」とおっしゃるくらい、神様の自慢の人でした。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。