ミカとクララ 聖書

使徒行伝第14章

投稿日:

「使徒行伝解説」の最新版(第14章)をアップしました!

前回からパウロの第一回伝道旅行が始まりましたが今回はその後半です。

パウロとバルナバは、ピシデヤのアンテオケからイコニオムという所に移動し、迫害と戦いつつ精力的に伝道を進めます。

さらにルステラという所に行ったときには大歓迎を受けたものの、ちょっとした事件(面白事件)も起こります!

一方、迫害者達は懲りもせずピシデヤのアンテオケから押しかけてきて民衆を扇動しながら迫害活動を展開します。

この14章も波乱万丈で最後まで目が離せません!

不屈の精神で敵と戦いながら福音を広めていった様子を見ながら力を受ける方々も多いと思います!

是非ご覧ください!

【第14章構成】

  1. イコニオムでの宣教
  2. ルステラでの歓迎
  3. 迫害と宣教
  4. 帰途
使徒行伝解説 再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLrE21C_3WUK9L41zOg9ecY2XMii6btAn2

-ミカとクララ, 聖書

執筆者:


コメントを残す

関連記事

異邦人のペンテコステ

「使徒行伝解説」第10章をYouTubeにアップしました! 第10章ではカイザリヤのコルネリオという百卒長(完全な異邦人でローマの軍人)が伝道され、そこに聖霊が下るという衝撃的な出来事が起こります! …

ダビデ王の信仰

今日は、聖書の英雄の1人、ダビデについてちょっとお話しようと思います。 ダビデは、旧約聖書の中で神様が「私のしもべダビデのようにするならあなたは栄えるだろう」とおっしゃるくらい、神様の自慢の人でした。 …

金の器

今週は、「自分を造る」ということがテーマですね。 自分が造られた通りに使われると。 今週の聖書の本文でもあるテモテ第二の手紙二章の器の話ですが、昔、先生からその箇所の話を聞いたことがあり、その時凄く衝 …

放っておかれるという怖さ

今日は聖書の聖句を三つ紹介します。 今朝、「神様は裁きに加わらない。神様のせいで地獄に来たと恨むから、自ら苦痛の世界に行くように放っておく」という内容のみことばを読んで浮かんだ聖句です。 まずは一つ目 …

3つの解決法

『求めよ、そうすれば与えられるであろう。捜せ、そうすれば見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば開けてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者は開けてもらえるからである。』 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。