ミカとクララ 聖書

アンテオケ教会設立!

投稿日:

昨日に引き続き、動画アップのお知らせです!

「使徒行伝解説第11章」をアップしました!

前回(第10章)は、カイザリヤのコルネリオという百卒長を筆頭に、異邦人たちがペテロの証を聞いて聖霊を受けた、という内容でした。

第11章は、このカイザリヤでの歴史的な出来事がエルサレムの指導者達の議論の的になったところから始まります。

私達から見ると、異邦人が聖霊を受け、異邦人にまで宣教が進んだという出来事は誰もが手放しで喜ぶことなんじゃないの?どうして議論の的になっちゃうの?と不思議に思うのではないかと思います。

これは、当時の時代背景や弟子たちの思い込み・固定観念などが深く絡んでいるのです。

それをペテロが実体験を証することで解いていきました。

一体どんな時代背景、固定観念が絡んでいたのでしょうか??

また、この章では、迫害のために故郷に戻っていたパウロが復活します!

バルナバがパウロをアンテオケの教会に呼んだのです!

そのアンテオケ教会で初めて信徒たちが「クリスチャン」と呼ばれるようになり、だんだん社会的にも承認されていくようになりました。

現代の私たちにとっても悟り深く、また力を受ける内容が盛りだくさんです!

是非ご覧ください!

【内容】

  • ①異邦人に対する使徒たちの承認(1~18)
  • ②アンテオケ教会設立(19~26)
  • ③アンテオケからエルサレムへの援助(27~30)
使徒行伝解説 再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLrE21C_3WUK9L41zOg9ecY2XMii6btAn2

-ミカとクララ, 聖書
-, , , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

使徒行伝第21章・22章

『使徒行伝解説』シリーズ、第21章・22章をアップしました!(内容的に21~22章は続いています) 前回は、エペソの近くのミレトという場所で、パウロがエペソの長老たちに感動的な別れの挨拶を述べたところ …

聖書の意訳

今朝、先生から聖書の訳についての話がありましたが、日本語の聖書でも同じようなことがあるんですよ。 私達の教団では「口語訳」の聖書を使ってますが、ここ最近では日本でも「新共同訳」「聖書協会共同訳」などの …

個人の転換期

今週は転換期についての説教でしたね! 昨日の説教を聞きながら、個人的には「終末論」を聞いてる気分になりました。 皆さん終末論で学んだ通り、終末=転換期です。言い換えると、古いものが終わる時であり、同時 …

新企画!

おはようございます! この度、新しい企画を始めました!それは、 「BGM聖書」 です! どういうものか簡単にいうと、聖書の朗読をYouTubeにアップしたもので、BGMのように聞き流しながらでも聖書に …

奪われないようにするには?

私達は神様からたくさんの祝福を受けていますが、人間の問題はそれをいつの間にか奪われてしまうことです。 たとえば、何かいいことがあると「神様、感謝します!」といって恵みいっぱいになります。しかし、嫌なこ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。