ミカとクララ 聖書

アンテオケ教会設立!

投稿日:

昨日に引き続き、動画アップのお知らせです!

「使徒行伝解説第11章」をアップしました!

前回(第10章)は、カイザリヤのコルネリオという百卒長を筆頭に、異邦人たちがペテロの証を聞いて聖霊を受けた、という内容でした。

第11章は、このカイザリヤでの歴史的な出来事がエルサレムの指導者達の議論の的になったところから始まります。

私達から見ると、異邦人が聖霊を受け、異邦人にまで宣教が進んだという出来事は誰もが手放しで喜ぶことなんじゃないの?どうして議論の的になっちゃうの?と不思議に思うのではないかと思います。

これは、当時の時代背景や弟子たちの思い込み・固定観念などが深く絡んでいるのです。

それをペテロが実体験を証することで解いていきました。

一体どんな時代背景、固定観念が絡んでいたのでしょうか??

また、この章では、迫害のために故郷に戻っていたパウロが復活します!

バルナバがパウロをアンテオケの教会に呼んだのです!

そのアンテオケ教会で初めて信徒たちが「クリスチャン」と呼ばれるようになり、だんだん社会的にも承認されていくようになりました。

現代の私たちにとっても悟り深く、また力を受ける内容が盛りだくさんです!

是非ご覧ください!

【内容】

  • ①異邦人に対する使徒たちの承認(1~18)
  • ②アンテオケ教会設立(19~26)
  • ③アンテオケからエルサレムへの援助(27~30)
使徒行伝解説 再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLrE21C_3WUK9L41zOg9ecY2XMii6btAn2

-ミカとクララ, 聖書
-, , , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

いろいろな信仰の武器

昨日に引き続き「霊的なお祈り会」のお話をしようとおもいます。 霊的なお祈り会では「信仰の武器」を見ることが何回かありました。 私が初めて体験した時は、宣教師が霊の使命者に、その場にいる人たち全体を見な …

家族構成の変化による家族関係の変化

『どう生きる?人生の後半戦!』の最新版をアップしました! 今回は私の家族に関する話題です。 私は元々両親と姉、私の4人家族でしたが、母が他界した後は母を除いた3人になりました。 そうしたら家族の関係性 …

BGM聖書 使徒行伝第2章

BGM聖書 使徒行伝第2章をアップしました! このBGM聖書は、日常のBGMとして聞き流すこともできますし、音楽と宗教画、そして文字と音声、言葉と感覚のどちらも目と耳を駆使して聖書を味わうことができる …

BGM聖書 使徒行伝第13章

BGM聖書 使徒行伝第13章をアップしました! この第13章は、パウロが第一回伝道旅行に出かけた内容が記されています。 イエス様一人から始まった福音がいよいよ本格的に世界に広まっていくまさにその場面で …

霊の階級

以前(20年以上前)、まだ宣教師がいたころですが、「霊的なお祈り会」というのをしていた時期がありました。 それはどういうものかというと、「霊界の窓」と呼ばれる霊の使命者(霊や幻を見たり異言の通訳などを …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。