女牧師のブログ

日常生活と神様

記事・本

本当の目的は?

投稿日:

皆さんはネット通販を利用したことがありますか?

恐らくほとんどの人は利用したことがあるでしょう。(私もあります。)

現代ではすでにネット通販が一般的な買い物の仕方になってますからね。でも便利な一方で、一部の人達の間で「買い物依存症」という現象も引き起こしています。

恐らく昔はそういうものはなかったと思うんですね。

基本的に昔の買い物は自分が現場に行って財布から現金を出すという買い物の仕方しかなかったので、そもそも現金がない人は依存症になりようがないし、もっと言うと、日本全体が食べて働くのに必死過ぎて買い物依存になるほど余裕がなかったと思うのです。

もし、昔も買い物依存症の人がいたとしたら暇を持て余している金持ちだけだったんじゃないですかね。一般庶民は買い物依存症なんてなりたくてもなれませんでした。

でも今は様々な面で昔とは状況が違います。買い物の仕方も様々になりました。

カード決済や電子マネーでお金が「なくなっていく」実感がないし、ネット通販だと買い物のために自分の足で歩き回らずに済むので、疲れることなく様々なジャンルの買い物を座ったまますることができます。

なんか、ゲーム感覚で買い物ができるんですよね。

こういう流れの中で「買い物依存症」という現象が起き始めたのだと思います。

先日「買い物依存症」に関する記事を読んだのですが、実は依存症の人の多くは「買う」という行為がしたいだけのようで、実際に買ったものをあまり使っていなかったり、ひどい場合は段ボールを開けもせず放っておくこともあるそうです。

なんて勿体無いことを!と思うのですが、つまりそういう精神状態なんだと思います。

そしてこの記事を読んだ後、以前読んだ本の内容が思い出されました。

その本では「買い物依存症の人は本当はモノが欲しいのではなく、心の中の満たされないものを満たそうとして買い物をしている。けれど、実際はモノで満たせるものではないので買っても満足できずまた他のモノを買う事をしてしまう。」というような事が書かれていました。

確かに、記事の内容と一致します。本当に必要で欲しいモノだったら届いてさっそく開けて感謝しながら使い始めると思いますから。

多分、何の依存症だとしても同じだと思うのですが、満たされない何かを埋めようとして偶像崇拝のようにに頼ってしまうのが依存症なのかな?と思います。

だから依存症も偶像崇拝の一種かなと。

まさしく、アモス書の預言の通りです。(アモス8:11~13)

『 主なる神は言われる、
「見よ、わたしがききんをこの国に送る日が来る、
それはパンのききんではない、
水にかわくのでもない、
主の言葉を聞くことのききんである。
彼らは海から海へさまよい歩き、
主の言葉を求めて、こなたかなたへはせまわる、
しかしこれを得ないであろう。
その日には美しいおとめも、
若い男もかわきのために気を失う。 』

「主の言葉を聞くことの飢饉」とはつまり霊の飢饉です。

霊が飢餓状態だという事です。霊はモノでは満たされません。だからこなた彼方へ馳せまわっても得られるはずがないのです。

世の中のモノで心が一瞬満たされた感覚になることはあるかもしれませんが、霊は満たされないのでいずれまた飢餓を自覚することになります。

現代では買い物依存の他、ネット依存、ゲーム依存、アルコール依存、薬物依存、ギャンブル依存等々様々な依存症があります。

全て根源は同じ『みことばを聞くことの飢饉』(=霊の飢饉)だと思います。

昔のような貧しかった時代とは違い、モノを得たからと言って満たされる時代ではなくなったという事です。

極端な話、私の親世代は洗濯機や冷蔵庫などの家電を手に入れるだけで感激していた世代です。今はそんなのはあって当たり前で、逆にないと惨めになるくらいじゃないですか?

時代が発達した現代だからこそ、より霊的な飢饉が深刻になっているのだと思います。

偶像は私たちを救ってはくれません。

一人でも多くの人が「満たされない何か」を満たすことができるように、福音を伝えていきたいですね。

ネット通販で“買い物依存症”状態になっている人の声

https://news.careerconnection.jp/?p=87819

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

依存症は生かすべき⁇

最近、Twitterであるツイートを見て考えが深くなりました。 それは若い人のツイートなんですが、ゲーム依存から更生させる施設に関する記事を読んでの感想だったんですね。 その感想が、「最近は『ゲーム依 …

改正健康増進法

今日から4月ですね!新年度スタートです! 今年はコロナ騒ぎで毎年行われる年度末の行事(卒業式や歓送迎会)がないせいか、あまり「時」の実感がわきませんでしたが、やはり「4月」という響きは新しい年度の始ま …

ノルマでは頑張れない⁈

よく会社や組織などでは「目標」を数字で表し、それに向かって頑張る、というやり方をしてきたと思います。 私なんかは目標数値があると目安になって頑張りやすいタイプなんですが、どうも若い世代はそうではないよ …

コーチの存在

フィギュアースケートのオリンピック銀メダリスト宇野昌磨さんをご存知ですか? 彼が今期はコーチを付けずに一人で試合に臨んだところ、調子が悪かったらしく、フランスでの試合では結果に涙する場面もあったそうで …

「終末」を待っていたが。。。

もう記事をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、オランダで9年間外部との接触を絶っていた一家が保護され、一家が住んでいた農場を借りていたオーストリア人の男が逮捕されたそうです。今朝のニュースでは父 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。