記事・本

敬老の日に考えたこと。。

投稿日:

今日は敬老の日ですね。

以前のように日にちが決まってないからついうっかりしてしまいます。

昔は確か9月15日でしたよね?

個人的には日にちが決まっている方が何の日なのか認識しやすいですけど。。最近はただの連休としか認識できなくなってしまっています。(^^;

ところで、今朝、敬老の日でもコロナ感染を恐れて孫にも会えず、家に籠る高齢者に関する記事を読みました。

医療関係者の話によると、コロナ禍の外出自粛により、高齢者が健康診断に行くのを控えてしまい、病気の早期発見ができなくなったり、施設では認知症の症状が悪化したりなどしているそうです。

この問題、あまり当事者以外は認識ないかもしれませんが、私はかなり深刻に受け止めました。

というのも、私の父がまさにその該当者だからです。

父は現在認知症で施設に入っていますが、施設からの脱走歴が過去3回もあるほど(^^;、肉体的には元気だったんです。

ところが、コロナ禍で施設側も入居者さんたちの外出を自粛し始め、外部からの面会も禁止になりました。

結果として私の父はこの夏に歩行器を購入する状態になってしまいました。

元々ちょっと目を離すと脱走してしまうほどスタスタ歩けていたのに、外出自粛であっという間に筋力が弱ってしまい、歩行器がないと危険な状態になってしまったそうです。

自力だけだと脚が前に出なくなってしまっているのだとか。

認知症もちょっと進んでしまったらしく、最近はスタッフとの会話もつじつまが合わないことが増えてきたそうです。

こういう状態なのに、この全ての情報は毎月送られてくる報告書を読んでわかるだけで、実際に会って状態を確かめることもできません。

7月からは県内の親族の面会はOKになったものの、東京からの訪問者はお断りという事で私は会いに行けないんです。

結局、私のところには歩行器購入の同意書と請求書が送られてくるだけ。

一応、確認のため電話で責任者の方とは話しましたけどね。

それでいろいろ考えてしまいました。コロナ感染を恐れて高齢者を外出自粛させることについて。

自分の自由意思で自粛している方はまだ良いと思うのです。自分の選択ですし、考えがハッキリあるから自粛生活も工夫されたりしているでしょう。

文明の利器を使いこなしてオンラインで家族とやりとりしている方や、健康維持のために近所の散歩だけはするという高齢者の方もいらっしゃいますからね。

でも、私の父のように、わけもわからず突然大好きなお出かけができなくなり、生活に支障をきたすほど足腰が弱くなり、ストレスも溜まって認知症も進み、家族にも会えないという状態が続いたら。。。もしかしてこれで人生が終わることもあり得るんじゃないのかな?と。

そうなると何のための外出自粛??と。

正直、このままだったらまもなく車いす生活になってしまう可能性が大きいなと覚悟しています。

他の記事では、コロナ禍でホスピスにも面会に行けず、孤独に逝かせてしまったという家族の話も読みました。

一体どうするのが正解なのかはよく分からないけれど、「コロナ感染」一点だけだけを考えた過剰な外出自粛はかえって病人を増やしているんじゃないのかな?と思いました。

少なくとも終末期医療の現場に関してはある程度規制を緩めてもいいのではないかなと。

世の中の反応も過剰なんですよね。メディアが煽ってるからそうなってるわけですが。。

東京はそうでもありませんが、地方に行くと一人陽性者が出ただけで大ごとになってしまったり、近所の有名人になりたくないから極力感染しないことに気を使っている人もいると聞きました。

病気そのものよりも風評被害が怖いという。。。

結局一番怖いのは人間なんですかね。(>_<)

本当に人間が回復しないと病気以上に怖いことが起こりますね。

敬老の日の今日、改めて人生の後半の過ごし方や人生の締めくくり方について、最期まで悔いなく御心通りに過ごすにはどうすれば良いのか、など考えてみたいなと思いました。

敬老の日 重症化恐れ「孫にも会えない」籠る高齢者

https://news.yahoo.co.jp/articles/d31c94d42981a623fd2ca43071704ca68db0d77c

-記事・本
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

自分自身から学ぶ

誰でも自分ががんばった通りに結果が出たら悩むことはないと思います。 けれど、現実はそう甘くはない。。(^^; 実際、頑張っているのだけれどなかなか思うような結果がついてこない、という方は多いと思います …

人を泣かせるような仕事はダメ!

先日、消費者センターに勤務経験がある人の体験談を交えた注意喚起の動画を見ました。 そこに、ちょっとした暴露話があり、それが非常に興味深かったので皆さんと共有したいと思います。 その人が、いわゆるノルマ …

殺人犯の逃亡生活の結末。。。

昨日、17年前に殺人事件を起こした後海外に逃亡して国際指名手配されていた男が逮捕されたというニュースがありました。 それで、、逮捕された経緯がなんとも。。。 この人、17年前に日本を出国した後、最終的 …

サタンに利用された人

世の中は相変わらずサタンに主管された人がいろいろやらかしていますね。 今朝、『高齢の詐欺被害者から“再搾取”』という記事を見ました。 被害者救済のTV番組を作るから協力してほしいと話を持ち掛け、協力す …

ノルマでは頑張れない⁈

よく会社や組織などでは「目標」を数字で表し、それに向かって頑張る、というやり方をしてきたと思います。 私なんかは目標数値があると目安になって頑張りやすいタイプなんですが、どうも若い世代はそうではないよ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。