記事・本

感謝の威力

投稿日:

「感謝と仕事」というテーマで会社員を調査したところ、「感謝を伝えられることが多い」と回答した人ほど仕事に対する満足度が高いことが明らかになったそうです。

これはある意味当然かもしれませんね。

やはり、人から感謝されるという事はやり甲斐にもつながるし、自分の仕事に対して『これは人の役に立っている』『人を喜ばせている』という誇りを持てますからね。それが満足度につながるのでしょう。

また、自分自身がお礼や感謝を伝えているか、という問いに対しては、「感謝を伝えることが多い」という回答は、役職者が一般社員より10%程度低かったそうです。

さらに「バックオフィスに感謝を伝えられている」という人の割合は低かったそうです。

一般的なものの見方をすれば、若手の一般社員は教えてもらったり助けてもらうことが多いでしょうから感謝したりお礼を言ったりする機会も多いと思いますが、役職者というのは責任あるポジションだし、してあげることの方が多いですからね。自然とこういう結果になるのかもしれません。

バックオフィスの仕事は本当は会社運営に欠かせない重要なポジションなんですけど、縁の下の力持ち的存在で功績が表には見えにくいから感謝されにくいのかもしれませんね。

でも、現実問題として、どんな組織でも若手と縁の下の力持ちにやり甲斐を持ってもらわないとその組織の将来性がありません。

今、若手社員が仕事を辞めないようにするための苦労というのがどの会社や組織でも課題みたいで、若手が喜ぶようにいろんな新しい制度を導入したり古いしきたりをやめようとしたりしているようです。

でも、この結果を考えると、あれこれ予算を投入したり頭をひねって新しい制度を作るよりも、「感謝の意を伝える」ということである程度は解決できるんじゃないのかな?と思いました。

特に、上司の立場である役職者が若手やバックの人員たちに感謝の意を伝えることがカギになるのかなと。

これは会社だけではなく、教会にも当てはまると思います。

役職者は自分自身が責任ある大変な立場だから、どちらかと言うと『こう動いてくれればいいのに』とか『こっちは大変なのにみんな自分の事ばかり考えてる』とか思いがちです。私自身もそうだったと思います。

でも、若手は幼くて経験がない分、大わざを決める様な大きな功績はないとしても一生懸命頑張ってついてきてくれるのだったらありがたい存在です。

また、縁の下の力持ちは日の目を見なくても黙々と働いてくれています。でも、目立たないので人知れず寂しい思いをしているかもしれません。

こういうことを考慮して、指導者の立場にある人が日ごろからみんなに感謝を伝える雰囲気があれば人々の満足度は上がり、栄えていくのかな~と思いました。

教会は神様が中心となる場所です。でも神様は人を通して働かれます。指導者だけじゃなくていろんな人を通して働かれます。

だから、神様に感謝し、神様の手足となって動いてくれた人にも感謝することで、もっとお互いに居心地の良い場所になると思うのです。

感謝に予算はいりません。

上下関係なく、お互いに感謝し合いながらもっと満足度の高い教会をみんなで作っていけたら良いですね。

職場の満足度は“感謝を伝えられる頻度”で決まる?

https://news.careerconnection.jp/?p=82717

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

ペットが増えすぎて大変なことに。。

「多頭飼育崩壊」という言葉をご存じですか? 私はニュースを見て初めて知ったのですが、ペットが繁殖しすぎて飼育不可能になってしまう状態だそうです。 今回ニュースになっていた事例は、8畳2間になんと164 …

「終末」を待っていたが。。。

もう記事をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、オランダで9年間外部との接触を絶っていた一家が保護され、一家が住んでいた農場を借りていたオーストリア人の男が逮捕されたそうです。今朝のニュースでは父 …

情報操作

皆さんは、お店選びやネットショッピングでの「クチコミ」や「レビュー」を参考にしますか? 大抵の人は一応参考にするのではないかと思うのですが、いわゆる「やらせ」やも横行しているようです。 ある人がAma …

逃げ続ける方がつらい⁈

20年前の殺人事件で指名手配されていた元暴力団幹部の男が逮捕されたというニュースを見ました。 彼は20年間逃亡生活していましたが、今年7月にフィリピン当局から身柄を拘束したという連絡があったのだそうで …

ある金メダリストの裏話

最近、オリンピック関連の裏話として、ジャマイカの金メダリストが、日本人スタッフに助けられたと感謝の意をSNSに上げて話題になっているのをご存じですか? 彼は、選手村から自分の競技の場所へ移動する際、音 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。