記事・本

5秒が勝負!

投稿日:

今週は「早くやりなさい!」という事がテーマになってますが、早く、早く、と心は焦るもののあれこれ考えてしまってなかなか一歩踏み出せないという方に一つの方法をご紹介します!

それは「5秒のルール」というもの。

人間は元々防衛本能があり、新しいことをしようとすると、危険を回避するために、そのことをやらない方が良い理由が思い浮かぶようになってるらしいです。

だから、やると決心したはずなのに、あれこれ考えてしまって躊躇してしまうのはそのせいなのだそうです。

例えば、人前で何かプレゼンをしないといけない、という時。「やるぞ!」と気合は入れるものの、一方では「失敗して恥をかいたらどうしよう」「意地の悪い質問をされたらいやだな」などあれこれマイナスの考えが浮かんでくるのです。そうすると、「やると最終的には自分が傷つく」という結論になり、傷つくくらいならやらない方が良いのでは?などと考えるようになっていく、ということです。

このように、やらない理由が思い浮かんでしまってからは、それに打ち勝つのはとても大変なのだそうです。

そこで「5秒ルール」。これは何かしようとするとき5秒以内にし始める、というものです。

人が何かを決断して5秒の間はやらない理由が思い浮かばないのだそうです。

まぁ、5秒というのは絶対5秒ということではなく、人によっては3秒でも6秒でも良いと思うのですが、とにかく、やらない理由が思い浮かぶ前に即やり始める、という事です。

やり始めるというのは、始動がかかるということなので、それからは自然と動き出します。

火も、つける時に一番エネルギーが必要だけど、一度ついてしまってからは勝手に燃え続けています。

このように、始動をかける時が一番エネルギーがいる時だから、その時にあれこれ考えるスキを与えずにやり始めてしまう、という事ですね。

もしやらずにず~っとそのままだったとしたら、その後5秒どこころか何時間も何日間も自分の心を悩ますことになります。

皆さん、経験あると思うのですが、大学などレポートを提出しないといけない時、サッサと書いてしまえばいいのに、提出期限ぎりぎりになって慌てて書く、という事ありませんでしたか?

そういう時って、頭の片隅には「レポート早く書かなきゃ」という思いが常にあるにもかかわらず、やらずにいて結局ギリギリになって慌てて書くわけです。

すぐに書いてしまえばその後の時間は心置きなくゆったり過ごせるのに、やらずにいるために何か違うことをしながらも常にレポートの事が気になっているという状態で時間を過ごすのです。

書き始めてしまえば結構書けるんですけどね。最初の一歩が難しいのです。

だからやるべきことは5秒以内にやり始めてしまうのが良いという事です。

5秒ルールというのは、言い換えると「つべこべ言わずにやれ!」ということですかね(笑)。

実際、神様の前で何かしていないことがあって心が引っ掛かり続けるくらいならさっさとやってしまった方が良いです。

人生の時間は限られています。悩むことや躊躇することに時間を使うよりも、行うことや成し遂げることにより多くの時間を使いたいですね!

「やる気」が出ない時に5秒で動き出す方法

(核心は2:40~)https://youtu.be/Ro7ELo7hJ14

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

自分自身から学ぶ

誰でも自分ががんばった通りに結果が出たら悩むことはないと思います。 けれど、現実はそう甘くはない。。(^^; 実際、頑張っているのだけれどなかなか思うような結果がついてこない、という方は多いと思います …

葉っぱばかりの木

またゴーン氏ネタで申し訳ないのですが、昨日のゴーン氏会見を途中まで見て感じたこと。 なぜ途中までかと言うと再三日本の批判と自己主張・自己正当化をする姿を見ながら途中で見る価値を感じなくなってしまったた …

旧時代に生き続ける悲劇

先日、主要都市では緊急事態宣言が出されました。 が、それでも出勤する人、というか、出勤させる会社があるようですね。 これにはいろんな原因があるようです。 一つは日本の伝統的なシステム的問題。 未だに紙 …

誰かと食事をする時間

少し前にホリエモンのインタビュー(?)を見たのですが、そこで意外だなと思ったことがありました。 それは、彼は基本的に夜は仕事をしないそうなんですが、理由は、夜は必ず誰かとご飯を食べたいから、と。 夜に …

自分の位置と使命

ニュースを見ていたら、最近、また有名人の不倫報道が目立っているそうですね。 私は特に芸能界については無知なので名前を挙げられても全くピンとこないのですが、とにかく不倫報道とそれに対する人々のバッシング …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。