記事・本

5秒が勝負!

投稿日:

今週は「早くやりなさい!」という事がテーマになってますが、早く、早く、と心は焦るもののあれこれ考えてしまってなかなか一歩踏み出せないという方に一つの方法をご紹介します!

それは「5秒のルール」というもの。

人間は元々防衛本能があり、新しいことをしようとすると、危険を回避するために、そのことをやらない方が良い理由が思い浮かぶようになってるらしいです。

だから、やると決心したはずなのに、あれこれ考えてしまって躊躇してしまうのはそのせいなのだそうです。

例えば、人前で何かプレゼンをしないといけない、という時。「やるぞ!」と気合は入れるものの、一方では「失敗して恥をかいたらどうしよう」「意地の悪い質問をされたらいやだな」などあれこれマイナスの考えが浮かんでくるのです。そうすると、「やると最終的には自分が傷つく」という結論になり、傷つくくらいならやらない方が良いのでは?などと考えるようになっていく、ということです。

このように、やらない理由が思い浮かんでしまってからは、それに打ち勝つのはとても大変なのだそうです。

そこで「5秒ルール」。これは何かしようとするとき5秒以内にし始める、というものです。

人が何かを決断して5秒の間はやらない理由が思い浮かばないのだそうです。

まぁ、5秒というのは絶対5秒ということではなく、人によっては3秒でも6秒でも良いと思うのですが、とにかく、やらない理由が思い浮かぶ前に即やり始める、という事です。

やり始めるというのは、始動がかかるということなので、それからは自然と動き出します。

火も、つける時に一番エネルギーが必要だけど、一度ついてしまってからは勝手に燃え続けています。

このように、始動をかける時が一番エネルギーがいる時だから、その時にあれこれ考えるスキを与えずにやり始めてしまう、という事ですね。

もしやらずにず~っとそのままだったとしたら、その後5秒どこころか何時間も何日間も自分の心を悩ますことになります。

皆さん、経験あると思うのですが、大学などレポートを提出しないといけない時、サッサと書いてしまえばいいのに、提出期限ぎりぎりになって慌てて書く、という事ありませんでしたか?

そういう時って、頭の片隅には「レポート早く書かなきゃ」という思いが常にあるにもかかわらず、やらずにいて結局ギリギリになって慌てて書くわけです。

すぐに書いてしまえばその後の時間は心置きなくゆったり過ごせるのに、やらずにいるために何か違うことをしながらも常にレポートの事が気になっているという状態で時間を過ごすのです。

書き始めてしまえば結構書けるんですけどね。最初の一歩が難しいのです。

だからやるべきことは5秒以内にやり始めてしまうのが良いという事です。

5秒ルールというのは、言い換えると「つべこべ言わずにやれ!」ということですかね(笑)。

実際、神様の前で何かしていないことがあって心が引っ掛かり続けるくらいならさっさとやってしまった方が良いです。

人生の時間は限られています。悩むことや躊躇することに時間を使うよりも、行うことや成し遂げることにより多くの時間を使いたいですね!

「やる気」が出ない時に5秒で動き出す方法

(核心は2:40~)https://youtu.be/Ro7ELo7hJ14

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

逃げ続ける方がつらい⁈

20年前の殺人事件で指名手配されていた元暴力団幹部の男が逮捕されたというニュースを見ました。 彼は20年間逃亡生活していましたが、今年7月にフィリピン当局から身柄を拘束したという連絡があったのだそうで …

124年ぶり民法改正!

ここ数日、民法改正についての記事をいくつか見たのでそれについてお話ししたいと思います。 2020年4月より、民法の一部が改正されるそうです。 なんと、現民法が制定されたのは1896年(明治29年)だっ …

洗い流すのが一番!

面白い実験番組を見ました! スマホやPCのキーボード、トイレを触った手がどれくらい汚いのか。また、その手を洗った場合とアルコールで消毒した場合とでどう違うのか、という実験です。 実験のサンプルは5つ。 …

コーチの存在

フィギュアースケートのオリンピック銀メダリスト宇野昌磨さんをご存知ですか? 彼が今期はコーチを付けずに一人で試合に臨んだところ、調子が悪かったらしく、フランスでの試合では結果に涙する場面もあったそうで …

幽霊の寿命?!

今日の話はネタ的な話です。決して鵜呑みにしないでください。(^^; ということで。。 先日面白い記事を見つけたんです! なんと、幽霊の寿命は400年らしい、という記事。 その根拠は、幽霊の目撃情報です …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。