記事・本

5秒が勝負!

投稿日:

今週は「早くやりなさい!」という事がテーマになってますが、早く、早く、と心は焦るもののあれこれ考えてしまってなかなか一歩踏み出せないという方に一つの方法をご紹介します!

それは「5秒のルール」というもの。

人間は元々防衛本能があり、新しいことをしようとすると、危険を回避するために、そのことをやらない方が良い理由が思い浮かぶようになってるらしいです。

だから、やると決心したはずなのに、あれこれ考えてしまって躊躇してしまうのはそのせいなのだそうです。

例えば、人前で何かプレゼンをしないといけない、という時。「やるぞ!」と気合は入れるものの、一方では「失敗して恥をかいたらどうしよう」「意地の悪い質問をされたらいやだな」などあれこれマイナスの考えが浮かんでくるのです。そうすると、「やると最終的には自分が傷つく」という結論になり、傷つくくらいならやらない方が良いのでは?などと考えるようになっていく、ということです。

このように、やらない理由が思い浮かんでしまってからは、それに打ち勝つのはとても大変なのだそうです。

そこで「5秒ルール」。これは何かしようとするとき5秒以内にし始める、というものです。

人が何かを決断して5秒の間はやらない理由が思い浮かばないのだそうです。

まぁ、5秒というのは絶対5秒ということではなく、人によっては3秒でも6秒でも良いと思うのですが、とにかく、やらない理由が思い浮かぶ前に即やり始める、という事です。

やり始めるというのは、始動がかかるということなので、それからは自然と動き出します。

火も、つける時に一番エネルギーが必要だけど、一度ついてしまってからは勝手に燃え続けています。

このように、始動をかける時が一番エネルギーがいる時だから、その時にあれこれ考えるスキを与えずにやり始めてしまう、という事ですね。

もしやらずにず~っとそのままだったとしたら、その後5秒どこころか何時間も何日間も自分の心を悩ますことになります。

皆さん、経験あると思うのですが、大学などレポートを提出しないといけない時、サッサと書いてしまえばいいのに、提出期限ぎりぎりになって慌てて書く、という事ありませんでしたか?

そういう時って、頭の片隅には「レポート早く書かなきゃ」という思いが常にあるにもかかわらず、やらずにいて結局ギリギリになって慌てて書くわけです。

すぐに書いてしまえばその後の時間は心置きなくゆったり過ごせるのに、やらずにいるために何か違うことをしながらも常にレポートの事が気になっているという状態で時間を過ごすのです。

書き始めてしまえば結構書けるんですけどね。最初の一歩が難しいのです。

だからやるべきことは5秒以内にやり始めてしまうのが良いという事です。

5秒ルールというのは、言い換えると「つべこべ言わずにやれ!」ということですかね(笑)。

実際、神様の前で何かしていないことがあって心が引っ掛かり続けるくらいならさっさとやってしまった方が良いです。

人生の時間は限られています。悩むことや躊躇することに時間を使うよりも、行うことや成し遂げることにより多くの時間を使いたいですね!

「やる気」が出ない時に5秒で動き出す方法

(核心は2:40~)https://youtu.be/Ro7ELo7hJ14

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

人生の満足度は何によって決まるか⁈

表題の通り、人生の満足度というのは何によって決まるのか?という事について、面白い資料を見つけたのでお伝えしますね! 結論から言うと、ズバリ!「性格」です! しかも、その性格というのは変えられるという事 …

町田市に変化⁈

私がかつて牧会をしていた『町田』のニュースが目に飛び込んできました! なんと、町田市の一部が今後神奈川県になるのだそうです!対象エリアは相原と橋本のあたり。(ローカルな話題ですみません。) ちょっとビ …

感じ方が今と昔で違っている!

私は大学時代に中国の古典を勉強していたのですが、最近、ふとその時学んだお話を思い出し、また読んでみたくなりました。 中国の古典と言っても、私がやっていたのは論語や四書五経などの由緒あるものではなく、唐 …

こんな時だからこそ。。。

今「コロナ離婚」というのがあるんだそうですね。 夫が家にいる時間が長くなって夫婦の関係が悪化する家庭が増えてるそうです。 夫が家で働くようになり、その際に、コーヒーとかお茶とか奥さんに持ってこさせたり …

Amazonが悪質市場に⁈

またまたAmazonの話題です。 今年トランプ政権では、「悪質市場」のリストにAmazonの海外事業の一部を加えることを検討しているそうです! 理由は、海外(アメリカから見た海外)のネット通販では、監 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。