女牧師のブログ

日常生活と神様

記事・本

5秒が勝負!

投稿日:

今週は「早くやりなさい!」という事がテーマになってますが、早く、早く、と心は焦るもののあれこれ考えてしまってなかなか一歩踏み出せないという方に一つの方法をご紹介します!

それは「5秒のルール」というもの。

人間は元々防衛本能があり、新しいことをしようとすると、危険を回避するために、そのことをやらない方が良い理由が思い浮かぶようになってるらしいです。

だから、やると決心したはずなのに、あれこれ考えてしまって躊躇してしまうのはそのせいなのだそうです。

例えば、人前で何かプレゼンをしないといけない、という時。「やるぞ!」と気合は入れるものの、一方では「失敗して恥をかいたらどうしよう」「意地の悪い質問をされたらいやだな」などあれこれマイナスの考えが浮かんでくるのです。そうすると、「やると最終的には自分が傷つく」という結論になり、傷つくくらいならやらない方が良いのでは?などと考えるようになっていく、ということです。

このように、やらない理由が思い浮かんでしまってからは、それに打ち勝つのはとても大変なのだそうです。

そこで「5秒ルール」。これは何かしようとするとき5秒以内にし始める、というものです。

人が何かを決断して5秒の間はやらない理由が思い浮かばないのだそうです。

まぁ、5秒というのは絶対5秒ということではなく、人によっては3秒でも6秒でも良いと思うのですが、とにかく、やらない理由が思い浮かぶ前に即やり始める、という事です。

やり始めるというのは、始動がかかるということなので、それからは自然と動き出します。

火も、つける時に一番エネルギーが必要だけど、一度ついてしまってからは勝手に燃え続けています。

このように、始動をかける時が一番エネルギーがいる時だから、その時にあれこれ考えるスキを与えずにやり始めてしまう、という事ですね。

もしやらずにず~っとそのままだったとしたら、その後5秒どこころか何時間も何日間も自分の心を悩ますことになります。

皆さん、経験あると思うのですが、大学などレポートを提出しないといけない時、サッサと書いてしまえばいいのに、提出期限ぎりぎりになって慌てて書く、という事ありませんでしたか?

そういう時って、頭の片隅には「レポート早く書かなきゃ」という思いが常にあるにもかかわらず、やらずにいて結局ギリギリになって慌てて書くわけです。

すぐに書いてしまえばその後の時間は心置きなくゆったり過ごせるのに、やらずにいるために何か違うことをしながらも常にレポートの事が気になっているという状態で時間を過ごすのです。

書き始めてしまえば結構書けるんですけどね。最初の一歩が難しいのです。

だからやるべきことは5秒以内にやり始めてしまうのが良いという事です。

5秒ルールというのは、言い換えると「つべこべ言わずにやれ!」ということですかね(笑)。

実際、神様の前で何かしていないことがあって心が引っ掛かり続けるくらいならさっさとやってしまった方が良いです。

人生の時間は限られています。悩むことや躊躇することに時間を使うよりも、行うことや成し遂げることにより多くの時間を使いたいですね!

「やる気」が出ない時に5秒で動き出す方法

(核心は2:40~)https://youtu.be/Ro7ELo7hJ14

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

依存症は生かすべき⁇

最近、Twitterであるツイートを見て考えが深くなりました。 それは若い人のツイートなんですが、ゲーム依存から更生させる施設に関する記事を読んでの感想だったんですね。 その感想が、「最近は『ゲーム依 …

愛がないと・・・

人間は肉体の栄養だけでは生きてはいけない、ということは現代人なら誰もが認識しているのではないかと思いますが、それは心が満たされないとか幸せになれないという風に考える人が多いのではないかと思います。つま …

日本人はロボットも友達⁈

最近読んだ本に面白いことが書いてありました。 「ロボットを友達と思うのは日本人だけ」 最初にこの言葉だけを読んだときは意味が分からなかったのですが、よく読んでみると、例えばドラえもんとか、鉄腕アトムと …

「終末」を待っていたが。。。

もう記事をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、オランダで9年間外部との接触を絶っていた一家が保護され、一家が住んでいた農場を借りていたオーストリア人の男が逮捕されたそうです。今朝のニュースでは父 …

ノルマでは頑張れない⁈

よく会社や組織などでは「目標」を数字で表し、それに向かって頑張る、というやり方をしてきたと思います。 私なんかは目標数値があると目安になって頑張りやすいタイプなんですが、どうも若い世代はそうではないよ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。