記事・本

「終末」を待っていたが。。。

投稿日:

もう記事をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、オランダで9年間外部との接触を絶っていた一家が保護され、一家が住んでいた農場を借りていたオーストリア人の男が逮捕されたそうです。今朝のニュースでは父親も逮捕された模様。

一家は「終末」を待っていたそうです。(>‗<)

子供たちの1人が逃げ出し、カフェに駆け込んで助けを求めたことから事件が発覚したようです。

まだ全容解明していませんが、とにかく「終末」を待っていてそういうことになったという事です。

本当に間違った認識は恐ろしいですね。

この一家は「終末」のために9年間もそこで人生の時間を費やしてしまったのです。完全に社会との接触を絶った状態で。

特に子供たちは幼児ではなく18~25歳だそうで、とても大事な時期の9年間をそこで過ごしたことになります。

「終末」は古い時代の終わりであり、同時に新しい時代への転換期だからうまく新しく転換できるようにしよう、と考えて生きるのと、もうすぐ世の中が裁かれて終わる、と思って生きるのとでは全く違う人生になってしまいます。

日本にいると、本当に「終末」を信じて待ってる人なんているのかな?と思ってしまうかもしれませんが、実際にいるという事が証されてしまいましたね。

いくら熱心に信じていても正しく信じなければ救いはないという事です。

きっと神様があまりに見ていられなくて、兄弟の1人に逃げ出すように感動を与え、発覚させ、全世界に知らしめたのかもしれません。愚かなことはすぐにやめなさい、と。

本当に、聖書を正しく教えてもらっていることに感謝しなければいけませんね。

オランダで「終末」を待つ家族発見 9年間外部と接触なく

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00010003-reutv-eurp

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

蜂の組織

東京都豊島区議会議員のくつざわさんという方が区議会の様子や様々な案件に対する政治家としての見解をYouTubeで発信しているのですが、私もたまに見るんですよ。私は豊島区民じゃないですが。 それで、昨日 …

祈りましょう!

今日はかなり迷ったんですが、この話題。。。 こういう話題が嫌いな方もいらっしゃるので。。。。 読んで不快だった方はすみません。先に謝っておきます。 実は、昨日書いたゴーン氏に関する記事なんですが、それ …

心の傷は誰がつける?

最近、なるほど。。。と思ったことがあります。 それは、ある心理カウンセラーが言ってたことなのですが、実は、「他人が自分を傷つけるという事はない」ということなのです。 最初は「え?」と思いましたよ。恐ら …

面白さを伝える!

出版不況が続く中、科学を扱った児童書が大健闘しているのだそうです。 「科学」というテーマは一見堅そうに感じますし、「科学書と子供」という組み合わせは一番ミスマッチな感じがしますが、それが不況が続く出版 …

人生の満足度は何によって決まるか⁈

表題の通り、人生の満足度というのは何によって決まるのか?という事について、面白い資料を見つけたのでお伝えしますね! 結論から言うと、ズバリ!「性格」です! しかも、その性格というのは変えられるという事 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。