記事・本

面白さを伝える!

投稿日:

出版不況が続く中、科学を扱った児童書が大健闘しているのだそうです。

「科学」というテーマは一見堅そうに感じますし、「科学書と子供」という組み合わせは一番ミスマッチな感じがしますが、それが不況が続く出版界の救世主となる期待が高まっているというから驚きです。

人気の科学児童書は、子供の興味を引くように工夫を凝らし、物語性をもたせて「勉強させられている感」がないのが特徴なのだそうです。

また、編集者が意識しているのは、「ただ最新テクノロジーを説明するのではなく、ベースになる背景や原理をどう表現するか」「読んだ後に驚きや広がりがあるか」という事だそうです。

これは子供だけではなく、大人に向けての話でも重要なことだなと思いました。

とくに、聖書の話をするとき、日本では科学以上に堅いイメージがありますし、場合によっては怪しいと思う人もいるのが現状です。

そういう状況の中、ただ説明するだけではうまくいかないなと思うのです。

個人的見解としては、物語性を持たせることはとても効果があると断言できます!私自身、たくさん講義してきましたが、同じ講義でもいろいろな伝え方を試してみた結果、その中で一番入りが良いと感じたのは物語性を持たせることでした。

聖書の内容を物語風に伝えるのは先生がよくやる方法です。だからちょっと真似してみたところ、ものすごく入りが良かったのです。

証する時も、ただの事実関係の説明だけじゃなくて、神様と共に生きること、みことば通りに生きることの面白さが伝わると、より相手の興味を引く証になるのではないかと思います。

このように、「科学書と子供」という一見不利に思える分野で大健闘している科学児童書の工夫や努力の方向性は、「聖書と日本人」という同じく不利な分野を扱う私たちにとっても参考になる事が多いのではないかと思いました。

何事も、研究し、工夫を凝らすことが大事ですね!

勉強させられている感なく、信じさせる感なく、面白く自然に神様の話が相手に伝わるようにしていきたいですね!

「勉強感」より面白さ 科学児童書がヒット、出版界の救世主となるか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000500-san-ent

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

助け合いができる祝福

最近は迷子を助けない大人が増えた、というニュースを見ました。 なぜかというと、誘拐や虐待を疑われるからだと。 記事には「そんなことはないから助けるべき」という論調で書かれていましたが、コメント欄を見る …

自分自身から学ぶ

誰でも自分ががんばった通りに結果が出たら悩むことはないと思います。 けれど、現実はそう甘くはない。。(^^; 実際、頑張っているのだけれどなかなか思うような結果がついてこない、という方は多いと思います …

体形変化は悪⁈

皆さんはフィギュアスケートをご覧になりますか? 先日、グランプリファイナルという試合が行われ、オリンピック金メダリストのザギトワ選手(ロシア)が最下位の6位だったんです。 一方、表彰台を飾ったのは15 …

美人は三日で飽きるのか⁈

今日は少々ライトな内容ですので気楽な気持ちで読んでいただければと思います。 先週から私が質問コーナーを始めたこともあり、世の中の人でそういう活動している人いるかな~??と思って調べたら、高須クリニック …

幽霊の寿命?!

今日の話はネタ的な話です。決して鵜呑みにしないでください。(^^; ということで。。 先日面白い記事を見つけたんです! なんと、幽霊の寿命は400年らしい、という記事。 その根拠は、幽霊の目撃情報です …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。