記事・本

面白さを伝える!

投稿日:

出版不況が続く中、科学を扱った児童書が大健闘しているのだそうです。

「科学」というテーマは一見堅そうに感じますし、「科学書と子供」という組み合わせは一番ミスマッチな感じがしますが、それが不況が続く出版界の救世主となる期待が高まっているというから驚きです。

人気の科学児童書は、子供の興味を引くように工夫を凝らし、物語性をもたせて「勉強させられている感」がないのが特徴なのだそうです。

また、編集者が意識しているのは、「ただ最新テクノロジーを説明するのではなく、ベースになる背景や原理をどう表現するか」「読んだ後に驚きや広がりがあるか」という事だそうです。

これは子供だけではなく、大人に向けての話でも重要なことだなと思いました。

とくに、聖書の話をするとき、日本では科学以上に堅いイメージがありますし、場合によっては怪しいと思う人もいるのが現状です。

そういう状況の中、ただ説明するだけではうまくいかないなと思うのです。

個人的見解としては、物語性を持たせることはとても効果があると断言できます!私自身、たくさん講義してきましたが、同じ講義でもいろいろな伝え方を試してみた結果、その中で一番入りが良いと感じたのは物語性を持たせることでした。

聖書の内容を物語風に伝えるのは先生がよくやる方法です。だからちょっと真似してみたところ、ものすごく入りが良かったのです。

証する時も、ただの事実関係の説明だけじゃなくて、神様と共に生きること、みことば通りに生きることの面白さが伝わると、より相手の興味を引く証になるのではないかと思います。

このように、「科学書と子供」という一見不利に思える分野で大健闘している科学児童書の工夫や努力の方向性は、「聖書と日本人」という同じく不利な分野を扱う私たちにとっても参考になる事が多いのではないかと思いました。

何事も、研究し、工夫を凝らすことが大事ですね!

勉強させられている感なく、信じさせる感なく、面白く自然に神様の話が相手に伝わるようにしていきたいですね!

「勉強感」より面白さ 科学児童書がヒット、出版界の救世主となるか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000500-san-ent

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

人生の締めくくり方

ちょっと考えさせられる記事を見ました。死と向き合う人の記事です。 その記事には癌で余命一か月という宣告を受けた人が、死の4日前に取材された内容が記されていました。 その人が言うには、世の中に出ている癌 …

手作りの楽しみ

今、ミシンの売り上げが急増しているそうです。 自宅でマスクを作る人が増えているからだとか。 実は、私もミシン買おうかな~と思っていたんですよ。(まだ買ってませんが。。) 以前は結構良いミシンを持ってい …

休眠の寺の土地を国有化

宗教活動をしていないのに法人格だけ残っている寺の境内地が国有化されることになった、というニュースを見ました。 この寺は、浄土宗のもので住職が2013年に闘病の末亡くなり、その後寺を引き継ぐ人がいなかっ …

あれで良かった

末期癌の終末期の痛みと緩和ケアに関する記事を見ました。 その記事を読みながら、やはり癌の終末期は痛かったり苦しかったりするのだな、と改めて認識しました。 私の母も癌で他界しましたが、母の場合、最期は意 …

個性を肩書にしちゃえ!

皆さんは、一般的な意味での霊感が強い方ですか? 何か見えるとか、聞こえるとか、分かっちゃうとか。。 私はそういう類の霊感はないんです。 ないと言い切っちゃうと語弊がありますけれど、少なくとも見えたり聞 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。