独り言 記事・本

レジリエンス

投稿日:

心理学の言葉で「レジリエンス」という言葉をご存じですか?

一般的な言葉の意味としては、回復力、復元力、弾性など物理的なことを表す言葉のようですが、心理学で使う場合は「困難な状況にあっても心が折れることなく、状況に合わせて柔軟に生きようとする力」だそうです。

使い方としては「この人はレジリエンスがある」とか「レジリエンスが弱い」とかいうみたいです。

要は、打たれ強いか弱いか、ということですね。

確かに、同じつらい体験をしても、それを引きずる人もいれば、立ち直っていく人もいます。

これは良し悪しの問題ではありませんが、単純に考えて、つらい体験を引きずる人生の方が辛そうですよね。

だからレジリエンスの能力がある方が人生が生きやすくなるだろうと思います。

では、レジリエンスの能力をつけるにはどうしたらよいのか?

勝間和代さんがこれについて「変化に強くなることだ」ということを言ってました。

確かにね、と思いました。

特に、自分の落ち度や努力とは関係のないところで起こった変化については、「なんで??私がこんな目に??」と言いながら嘆く人と、「もう、こうなった以上仕方がない」と割り切って前に進む人がいると思います。

多分、嘆くタイプは「今までのようにはいかない」ということに対して嘆くんじゃないかと思うんですね。

それは「今まで」がそれなりに良い状態だったからだと思います。

イヤな状態だったらむしろ変化を喜ぶでしょう。

それなりに良い状態や安定した状態だったのに、それを壊されたことによって生じたストレスや不安が嘆きになるのだと思います。

ただ、今までの経験上、自分の周囲で変化が起きた時、全く元通りになることってほとんどないんですよね。。

だから「元に戻りたい」と言っても全体の流れとしてそうはいきません。

それよりは自分も周囲の変化に対応しながら進んでいくのがかえってストレスなく生きれるんじゃないかと思います。

そこで思ったのですが。。。

私たちは日々霊的に成長し、御言葉に従って変化していくことを求められていますよね?

普段は自分を変化させることにとても苦労している人が多いのではないかと思うのです。(私もそうです。)

自分で自分を変化させるって、実はとても難しいじゃないですか?

というのは、頭では変化した方がいいとは分かっていても、現実問題として変化しなくても生きていけるからです。

ところが、環境が変化してしまったら今まで通りにはいかなくなります。

そのままでも生きていける状態で、自分が自分を変化させるのは大変だけど、環境が変わってしまったら今まで変化したくなかった人も変化せざるを得ないし、変化の必要性を感じながら後伸ばしにしていた人も決心するしかありません。

今、このコロナ体制がまさにそういう状況じゃないかと思うのです。

おそらく、世の中全体がコロナ前と同じようにはならないと思うんですよね。。

実際、個人でも会社でも、今まで頭ではわかっていてもなかなか手が付けられなかったことをやらざるを得なくなったケースは多いと思います。

ちゃんと手を付けた個人や会社はその後もうまくいくようになるでしょう。

逆に、いつまでもコロナ前の体制にこだわりを持ってしまっていたり、「前が良かった」といって世の中の流れに逆行しようとすると、むしろ生き難くなっていくのではないかと思うんですよね。

だから、自分を取り巻く環境で起こった不可抗力の変化は、自分を強制的に変えるチャンスでもあると思います。

このチャンスを利用して、自分の新たな可能性を発見したり、次元を上げたり出来たら良いですよね。

もしかしたら、これは神様が人間を強制的に変化させるための企画だったんじゃないかとさえ思えてきます。

このコロナ禍でレジリエンスの能力を発揮し、自分も世の中も神様の御心通りに変化していけば良いなと思ってます。

主の祝福が皆さんの上にありますように。

勝間和代の レジリエンスの概念を知り、その能力を獲得しよう

https://youtu.be/dJLOVUKj9r0

-独り言, 記事・本
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

お祈りで協力

先日、父が入居している施設からいろいろ書類が送られてきました。 毎月一か月の様子や会計の報告が送られてくるのですが、今回は給付金の申請書も同封されてました。 父の分の申請書です。 さすがにこれは施設の …

美しい人生

最近読んだ本で心に残った言葉がありました。 『人生は美しいことだけ憶えていればいい』 この言葉は沢田美喜さんの言葉です。作家の佐藤愛子さんが本の中で紹介していたのを読んで知りました。 沢田美喜さんにつ …

平和は対話から!

今日は一つの実話エピソードをご紹介します! なんと、あの「すしざんまい」の木村社長が海賊を全滅させた、というお話です! アフリカのソマリヤ海域は水産資源が豊富な漁場なんだそうですが、そこで海賊の被害が …

「終末」を待っていたが。。。

もう記事をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、オランダで9年間外部との接触を絶っていた一家が保護され、一家が住んでいた農場を借りていたオーストリア人の男が逮捕されたそうです。今朝のニュースでは父 …

良くない習慣

ある世の中の若手社長が、「凡人で終わる人の悪い習慣ワースト5」というのを紹介していたのでそれを皆さんにもご紹介しますね。 まずは第5位から第1位まで項目を列挙してみます。 第5位:運動しない第4位:無 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。