独り言 記事・本

個性を肩書にしちゃえ!

投稿日:

皆さんは、一般的な意味での霊感が強い方ですか?

何か見えるとか、聞こえるとか、分かっちゃうとか。。

私はそういう類の霊感はないんです。

ないと言い切っちゃうと語弊がありますけれど、少なくとも見えたり聞こえたりはありません。

世の中には霊関係は全く信じない人もいますけれど、逆に霊感が強い人も結構いますよね?

そういう人が自分の霊体験を書いた記事を見たんですよ。それも個人のブログなどではなく、大手のサイトで。

私が驚いたのは、その体験の内容よりもその人の肩書き。

なんと「霊感ライター」と称されているのです!

霊感ライターって。。。なんか凄くないですか? 

カタカナ使って「スピリッチュアルライター」と名乗るより「霊感ライター」の方が直接的すぎてインパクトがある気がします。

でも記事の内容は普通に自分の霊体験の体験談だけなんですよ。どこかに取材に行ったレポート+それに対する考察などではなく。。

思い出話のような感じ。

これでもライターと名乗れるんですね。

この「霊感ライター」という肩書を見た時、世の中、何でも自分の個性を肩書にして名乗ればみんな何かの専門家になれるんじゃないのかな?なんて思いました。

メンタリストという肩書を初めて見た時もすごいなと思いましたけど、今はスピリッチュアリストとかもいますし。。何でもありな感じです。

私たちの中にも霊的な人はたくさんいますよね?

そういう皆さんは霊感ライターとして救いになるような霊的な体験を書いてみたらどうでしょう??それも宣教の一つになるのではないかと思うのです。

そういう記事は私には書けませんから。。(^^;

そうやって自分の能力を生かして形にすることも刈り取ることなんじゃないのかな?

収穫の秋。

今まで主と共に育ててきた自分の個性の能力を肩書にして、いろいろな形にしてみると良いかもしれませんね。

主の祝福が皆さんの上に満ち溢れますように💛

霊感ライター、温泉旅館で「この部屋嫌だ!怖い!」感じる視線、布団の周りを歩く足音・・・

https://news.careerconnection.jp/?p=101375

-独り言, 記事・本
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

咳止めが危険薬物に⁈

何事も度が過ぎると危険域になります。 今回は、市販の咳止めが危険薬物になり得るという記事を見つけました。 なんと、風邪用の咳止めシロップをドラッグとして乱用する中毒患者が急増しているのだそうです。 市 …

こんな時だからこそ。。。

今「コロナ離婚」というのがあるんだそうですね。 夫が家にいる時間が長くなって夫婦の関係が悪化する家庭が増えてるそうです。 夫が家で働くようになり、その際に、コーヒーとかお茶とか奥さんに持ってこさせたり …

助け合いができる祝福

最近は迷子を助けない大人が増えた、というニュースを見ました。 なぜかというと、誘拐や虐待を疑われるからだと。 記事には「そんなことはないから助けるべき」という論調で書かれていましたが、コメント欄を見る …

信仰と技術

今週先生から教えてもらったことで個人的に衝撃を受けたのは、気を付けるには技術が必要だという事。 絶壁をうまく昇るには気を付けるだけじゃダメで、絶壁を昇る技術がなければならない、と。 本当にそうだ!と思 …

嫉妬は自滅の元

誰でも人を羨ましく思ったり、人を見て自分がみじめに感じたりした経験ってあると思います。逆に一度もないという人は凄いです。 ただ、その惨めな思いや悔しい思い、羨む心が原動力となって何かを一生懸命取り組む …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。