記事・本

逃げ続ける方がつらい⁈

投稿日:

20年前の殺人事件で指名手配されていた元暴力団幹部の男が逮捕されたというニュースを見ました。

彼は20年間逃亡生活していましたが、今年7月にフィリピン当局から身柄を拘束したという連絡があったのだそうです。

彼は容疑を認め「2年前に仕事がなくなった」「早く日本に帰りたい」などと言っているのだそうです。

このニュースを見て、以前にも南アフリカで指名手配されていた日本人が長年の逃亡生活の末逮捕され「早く日本に帰りたい」と言っていたのを思い出しました。

確かその時はコロナの影響で同僚も仕事も家もなくしてしまったとかで生活に困り、自ら大使館に赴いて自首し、早く帰国したがっていたと記憶しています。

こんなことになるくらいならさっさと罪を認めて償ってしまえば良かったのに。。。なんて思いますけどね。

逃げ切れると思ったのかな?それとも、後先考えずとりあえず逃げちゃったとか。

ただ、このニュースを見て思ったのは、生存の恐怖というか、先が見えない得体のしれない不安感というのは逃亡したい気持ちに勝るんだなという事です。

逮捕されて投獄されることを分かっていても、それでも「早く日本に帰りたい」と思うんですよね?

多分、投獄されるとしても、当面身の安全は確保されるでしょうし、変な話、逃亡生活よりまともに生きれるという事なんじゃないのかな?

まぁ、そりゃそうですよね?

逃亡し続けるには本来の自分自身を現わしたらアウトですからね。

何者かに化け続けていないといけませんから。

本来の自分ではない生き方をし続けなければいけない上に、「いつか捕まるかも」という不安感の中で過ごすストレスはものすごいものだと思います。

それに加えて仕事がなくなってコロナの恐怖も重なったらそれは日本に帰りたくなるのかも、と思いました。

それで。。霊的な罪も同じじゃないかな?と思いました。

霊的な罪は刑法に引っかかるわけじゃないですから、表面的には何食わぬ顔をして過ごすことはできます。

でもその人の心に良心というものが残っていれば「もしかしてこのままだと裁かれるかも」と不安になりながら過ごすことになると思うんです。

しかも、罪を犯しているのに善人のふりをし続けないといけないならいつか限界が来ます。

それならさっさと罪を認めて償ってしまった方が楽なんだなと。

霊的な罪を主に告白しても投獄はされませんしね。

条件は立てる必要があるかもしれませんが。。。

結局、罪を犯してしまったら「悔い改める」という方法で解決できるように神様が定めてくださったという事なんだなと改めて思いました。

それと。。。指名手配者でも「早く帰りたい」と思える日本という国はそれだけ恵まれているのだなと思いました。

コロナの感染状況も世界的に見たらものすごく抑えられていますからね。

逮捕されてでも帰りたいと思える「日本国」という国に自分がいることだけでも感謝しなければいけませんね。

『日本に帰りたい』20年間逃亡 殺人容疑の男逮捕

https://news.yahoo.co.jp/articles/8598ca0b4b1f887540ce9f4e3794f27f533a517b

-記事・本
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

イルカがあくび

ちょっと面白いニュースを見たのでご紹介しますね。 救いとは関係ないし、生活に役立つわけでもないニュースなんですが、暗いニュースが多い中、思わず微笑んでしまうような内容だったので。。。 日本の三重大学は …

顔が見えるマスク

ユニ・チャームから「顔がみえマスク」の受注販売を開始したところ、即日完売したそうです! 透明フィルムを用いた日本製のマスクで、口元の表情がわからないことで不便を強いられている人たちのために開発したとの …

誰かと食事をする時間

少し前にホリエモンのインタビュー(?)を見たのですが、そこで意外だなと思ったことがありました。 それは、彼は基本的に夜は仕事をしないそうなんですが、理由は、夜は必ず誰かとご飯を食べたいから、と。 夜に …

手作りの楽しみ

今、ミシンの売り上げが急増しているそうです。 自宅でマスクを作る人が増えているからだとか。 実は、私もミシン買おうかな~と思っていたんですよ。(まだ買ってませんが。。) 以前は結構良いミシンを持ってい …

面白さを伝える!

出版不況が続く中、科学を扱った児童書が大健闘しているのだそうです。 「科学」というテーマは一見堅そうに感じますし、「科学書と子供」という組み合わせは一番ミスマッチな感じがしますが、それが不況が続く出版 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。