記事・本

壁はありがたい⁈

投稿日:

今年も日本人にとっては嬉しいニュースが舞い込んできましたね!

ノーベル化学賞に日本人の吉野彰さんが受賞されました!おめでとうございます!長年の地道な研究の成果ですね。

素直に嬉しい、良かった、という感情が湧いてきます!!

ところで、こういう長年努力されてこられた方々からは学ぶことが多くあります。

彼の教え子の証言によると、吉野教授からは『壁をありがたく思え』『壁は来るのが早い方が良い』などと教えてもらったそうです。

なぜかと言うと、壁にぶち当たった時に新しいものが生まれるから。また、壁を乗り越えた時に成長できるから、と。

やはり、長い期間あることに対して真摯に向き合い取り組んできた方の中には真理がありますね。

壁は誰にとっても嫌なものです。立ちはだかる障害物とも言えます。それがあるから前に進めなくて嫌気が差すし、やる意味を感じなくなるし、これって本当に大丈夫?と不安になったりします。

私もそうなんですが、一般的には壁にぶち当たるとそれを「限界」と判断してしまいがちですよね。あぁ、これが私の限界だな、と。

でもそれって、それまで通りのままだと限界、行き止まりだという事なんだなと思いました。

新しい道を探すとか他の方法が見つかれば先に進めるんですよね。

先生の箴言でも「うまくいかない時は方法を変えなさい」というのがあります。

この言葉はシンプルだけど実際にはなかなかできないことです。うまくいかない時って「え?どうして?ちゃんとやってるのに。。」となりませんか?それで何度も確かめながら、「やっぱり合ってる。なのにどうして???」となり、やっぱり御心じゃないかも、とか、私がやるからダメなんだ、という風になってしまうんですね。

でも、うまくいかない時こそ、自分で他の方法を考えるチャンスだ、という事かもしれませんね。つまり、挑戦のチャンス。そしてそれによって自分の次元も上がっていくのだと思います。

壁が本当にありがたく思えるのは壁を乗り越えた時です。だから『壁をありがたく思え』と言えるのは数々の壁を乗り越えて自分の次元を上げてきたからなんだな、と思います。

先生も何度もうまくいかない事を経験し、その度に方法を変えて壁を乗り越えてきたからこそ「うまくいかない時は方法を変えなさい」と人に教えられるんですよね。

岩が崩れた時も、崩れるたびに前回とは違う方法にしてやり直し、それでも何度も崩れ、6回やって完成したというのは尋常じゃありません。普通は途中で嫌気が差すか、御心を疑ったりします。

きっと研究者の研究もそうなんでしょうね。

私達もうまくいかない時は「御心じゃない」と勝手に片付けないで、あれこれ試して壁を乗り越えて日々新しくなっていきたいですね。

「すごい先生」「とても励みに」吉野氏の教え子ら祝福

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000059-asahi-soci

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

助け合いができる祝福

最近は迷子を助けない大人が増えた、というニュースを見ました。 なぜかというと、誘拐や虐待を疑われるからだと。 記事には「そんなことはないから助けるべき」という論調で書かれていましたが、コメント欄を見る …

日本人はロボットも友達⁈

最近読んだ本に面白いことが書いてありました。 「ロボットを友達と思うのは日本人だけ」 最初にこの言葉だけを読んだときは意味が分からなかったのですが、よく読んでみると、例えばドラえもんとか、鉄腕アトムと …

今年は「声」で成功!

今週も土曜日になりました。一週間の最後の日です。 今週はなんだか不思議ですね。一週間の始まりは去年だったのに今は新年です。 今週初めは霊も肉も締めくくりに忙しく、霊的には悔い改めたり目標達成のためにラ …

感じ方が今と昔で違っている!

私は大学時代に中国の古典を勉強していたのですが、最近、ふとその時学んだお話を思い出し、また読んでみたくなりました。 中国の古典と言っても、私がやっていたのは論語や四書五経などの由緒あるものではなく、唐 …

人が溺れるとき。。。

毎年夏休みになると、水難事故のニュースを毎日のように目にします。 夏休みを利用して川や海で遊んでいて溺れてしまうという残念な事故が後を絶ちません。 先日、女の子3人が溺れた小学1年生の子を救助した、と …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。