記事・本

人生の締めくくり方

投稿日:

ちょっと考えさせられる記事を見ました。死と向き合う人の記事です。

その記事には癌で余命一か月という宣告を受けた人が、死の4日前に取材された内容が記されていました。

その人が言うには、世の中に出ている癌の情報は常に癌を治した、克服したというものばかりで治らずに死に向かっている人の情報がない、と。だから患者は一人で向き合うしかない、という事でした。

確かに、日本では死は不吉なものとされて、口にするのも憚られる風潮があります。でも確実に誰もがいずれは直面するものです。

この時ばかりは、とにかく前向きに明るく振舞う、というただのポジティブシンキングだけでは解決できない問題があります。

この取材を受けた人も最初は明るく振舞っていたけれど、病気が進行するとやはり気持ちだけではどうしようもできない、あらがえないものがあると思った、と言ってます。

実際、病気が進行すると自分自身が死に向かっていることを着実に自覚していくし、痛みがひどくなると作り笑いすらできなくなったりするし、死への恐怖が日に日に増し加わります。

残された家族への心配もあるでしょう。

だからこそ、やはり霊的なことに関する知識が必要だと思うのです。本人のためにも残された人のためにも。

そしてそういう時は周りに気を使って明るく振舞うことよりも自分の準備に集中した方が良いと思うのです。

本来はそういう部分を宗教が担うべきだと思うのですが、残念なことに日本は宗教はあまり好まれません。

比較的受け入れられている宗教も、どちらかというと「御利益が得られる」という類のものが多いように感じます。これを拝むと禍が減るとか、良いことが起きるとか。

それも大事ではありますが、この世からあの世へ移る準備という大事なことが疎かになっていると人生をうまく締めくくれないと思うんですね。本来はそういうことが人間にとって本当に必要な知識なんじゃないのかな?と思うのです。

「終わり良ければ全て良し」という言葉がありますが、せっかくこの世でうまく生きれても、最期に恐怖心を克服できずに自分の運命を恨んだり天に暴言でも吐いてしまったりしたらそれこそ人生が台無しになってしまいます。

人間は一度だけ死ぬことと、その後審判を受けることが定まっています。(へブル9:27)

つまり人生は一度だけ。一発勝負です。

だからこそ、霊界についてちゃんと勉強する必要があると思うんですね。

医療が発達した現代だからこそ、ポックリ逝かずに長い闘病生活を強いられているという面もあると思います。

人生の締めくくり方や死とどう向き合うか、ということに関しては、学校でも教わりません。

こういう現代社会だからこそ、宗教の果たすべき役割が本当に大きいなと思いました。

参考:『末期がんになって気づいたことがある 「余命1カ月」の男性が、世を去る4日前に遺した言葉』 ➡ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00010000-globeplus-int

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

ハロウィーンで飲酒禁止!

ここ数年、毎年ハロウィーンの時期にトラブルが発生する渋谷では、今年ハロウィーンの期間、繁華街での路上飲酒を禁止したそうです。 それに伴ってコンビニなどの小売店もこの期間酒類の販売を自粛。 その結果、今 …

依存症は生かすべき⁇

最近、Twitterであるツイートを見て考えが深くなりました。 それは若い人のツイートなんですが、ゲーム依存から更生させる施設に関する記事を読んでの感想だったんですね。 その感想が、「最近は『ゲーム依 …

薬物に追い込まれる人

最近、有名人の薬物犯罪のニュースが紙面をにぎわせていますが、これについてメンタリストDaiGoさんがいろいろ検証していました。 結論から言うと、薬物だけでなく、アル中とか過食などの「自己破壊的行為」を …

密猟者の末路。。。

今週の主題『神様の御心でないものは崩し、建てることをなさらない』を彷彿させるような記事を発見。 舞台は日本からほど遠い南アフリカでの出来事です。 南アでは、サイの密猟による被害がかなりひどく、今やサイ …

菅首相誕生!

昨日、日本で新首相が誕生しましたね! 菅義偉内閣総理大臣。 私は日本国民として、また主の民として、新しい首相のために祈り、応援しようと思います! 『あなたがたは、全て人の立てた制度に、主のゆえに従いな …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。