記事・本

顔が見えるマスク

投稿日:

ユニ・チャームから「顔がみえマスク」の受注販売を開始したところ、即日完売したそうです!

透明フィルムを用いた日本製のマスクで、口元の表情がわからないことで不便を強いられている人たちのために開発したとのことです。

例えば、聴覚障害等の理由で口元の動きによって言葉を理解していた方々や、また、乳児にマスクで対面し続けなければいけなかった保育士さんたちなど。

マスクについては、私自身は個人的に好きじゃない、息苦しいから嫌、という程度のものだったのですが、本当に困っている人がいたというのをこのニュースで改めて認識しました。

一時的ならともかく、ここまで長期戦になるとはだれもが思わなかったでしょうし、実際に実害が出ていて困っている方々がいるということですね。

こういう開発はもっと進んだら良いなと思います!

まだ見た目はイマイチですが、今後改良を続ければもっと見た目もおしゃれになっていくか、もっと目立たなくなっていくかのような気がします。

最近ふと思ったことですが、今までは元々知っている者同士でマスクをしていたので特に何も感じませんでしたが、このように長期になると、今後新しく出会う人もいるはずですよね?

ということは、新しく出会った人とも最初からマスクで対面することになりますよね?

今後は、実は顔がわからない、という知り合いも出てくるんじゃないのかな??

マスクを外すと誰だかわからない。。。

そうなると、普通にみんな実害なんじゃないですかね。。

犯罪者が逃亡しやすくなったりも考えられるし。。

学校に入学した子供たちも、お友達の顔がマスクとセットになってしまいますよね。(というか、もう去年からそうなっているわけですね。。。)

今後は、「顔がわからない」「表情がわからない」という事による人間自体の害や社会での害が表面化するような気がします。

情緒面に関する害や言語発達に関する害。犯罪者を特定しにくくなる害。。。等々。

実はとても恐ろしいことなんじゃないのかな。。。

とにかく、早くこのような「異常な出来事」が終わることを切に祈るばかりです。

ユニ・チャーム「顔がみえマスク」販売初日に完売

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ebc2de537790dfa89fb007047a69d78de4456f1

-記事・本
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

壁はありがたい⁈

今年も日本人にとっては嬉しいニュースが舞い込んできましたね! ノーベル化学賞に日本人の吉野彰さんが受賞されました!おめでとうございます!長年の地道な研究の成果ですね。 素直に嬉しい、良かった、という感 …

本当に大切なもの

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、衝撃的なニュースがありました。 それは、在宅勤務絡みの悲劇。 ある夫婦共働きの家庭で、父親が長女を車で小学校に送った後、その後二女を保育園に送る予定だったのが、二 …

第二の天性

最近読んだ本の中で、印象深い言葉がありました。それは、 『人間とはすなわち、いろいろな習慣の塊である。』 そしてさらに、 『良くも悪くも、それはやがてその人の一部、すなわち第二の天性になってしまう。』 …

イルカがあくび

ちょっと面白いニュースを見たのでご紹介しますね。 救いとは関係ないし、生活に役立つわけでもないニュースなんですが、暗いニュースが多い中、思わず微笑んでしまうような内容だったので。。。 日本の三重大学は …

咳止めが危険薬物に⁈

何事も度が過ぎると危険域になります。 今回は、市販の咳止めが危険薬物になり得るという記事を見つけました。 なんと、風邪用の咳止めシロップをドラッグとして乱用する中毒患者が急増しているのだそうです。 市 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。