記事・本

安楽死と尊厳死

投稿日:

皆さん、ニュースを見てもうご存じとは思いますが、先日、難病のALSを患う女性を安楽死させたとして二人の医師が逮捕されました。

容疑は嘱託殺人。。。なんか、心が痛いです。。

安楽死の問題はもう長いこと議論の的になっていますし、関心のある方も多いのではないかと思います。

皆さんはこの問題をどう思われますか?

それぞれいろんな考えがあると思いますが、ここでは安楽死の是非についてではなく、現状でこの日本ではどうすれば良いのかをお伝えしようと思います。

恐らく、これについてはあらかじめ知っておかないと、いざという時に不本意な対応をせざるを得なくなると思われますので。。。

(実は私、終活ライフケアプランナーという資格を持ってるんです。現在認知症を患っている父のことでいろいろな問題に直面したため、人の終わり方について関心が深くなり、自分の勉強のために取りました。)

まず、安楽死とは何かと言うと、患者が「早く逝かせてほしい」などの意思を明らかにした場合、医師が投薬などの積極的な医療行為をすることによって死に至らしめることを言います。

基本的に、現在日本では安楽死は認められていません。

このような積極的医療行為によって死に至らしめた場合、医師は今回のように逮捕されてしまいますし、過去の事例を見てもいずれも有罪判決が出ています。

殺人行為ということです。

一方で、患者さん本人が苦しくて耐えられないという問題もありますし、それだけではなく、家族の負担も(精神的にも経済的にも)大きいという問題もあります。

本人だけではなく、見ている家族も辛くなってしまったりもするのです。

では、どうすればいいのか?

先生は以前この問題については、寿命を全うできるように祈るべきであって死なせてはいけないとおっしゃいました。先生も「安楽死」には否定的でした。

では、祈る以外にできることはないのか?

実は、安楽死は認められないけれど「尊厳死」なら認められる場合があります。

いきなり「尊厳死」って何?と思われた方も多いでしょう。安楽死とはどう違うの?と。

尊厳死とは、端的に言うと「延命治療は行わない」というものです。

延命治療とは、治療による回復の見込みがなく、死が間近に迫っているにもかかわらず、人工呼吸器や心肺蘇生装置などによって死期を引き延ばすために行う治療のことです。

これを希望しないということ。治療による回復の見込みがなくなったらもう治療しなくていい、ということです。

具体的にはホスピスなどに移ったり自宅療養に切り替えて緩和ケア(痛みを取り除く処置)のみを行う場合が多いです。

積極的な医療行為によって死なせる安楽死とは明らかに違います。

しかし、これは本人が「延命治療を望んでいない」という意思を明らかにしておかなければ延命治療は行われてしまいます。

なぜかというと、基本的に医師は患者が息を引き取るまで医療行為を行い続けるからです。(まぁ、当然といえば当然ですね。)

ですから、あらかじめ「尊厳死宣言書」を作成しておくか、エンディングノートなどに「延命治療は希望しない」という意思表示をしておく必要があります。

(まだ現状では法的な整備はおこなわれてませんので遺言書のような正式な手続きはありません。)

あくまでも、本人の意思が明らかになっている場合なら、延命治療をしないことも倫理的に認められるということです。

ここで注意すべきことは、「尊厳死宣言」は自分が元気で意思がはっきりしているうちにしておいた方が良いということです。

いざという時になってからでは自分で治療を選べない可能性が大きいからです。

例えば認知症などになった場合、自分自身のことを正しく判断して意思表示することは困難ですし、癌の末期などでは意識があっても話すことができなくなってしまったり、昏睡状態に陥ったりした場合、本人の意思を確認することはできません。

また、家族はいざとなると藁をもすがる思いで「一日でも長く生きていてほしい」という気持ちになるものです。

ですから、本人の意思とは関係なく延命治療が続けられる場合もあります。

ただし、私はここで「延命治療はよくない」ということを言いたいわけではありません。

世界では「10年ぶりに意識が回復した」などの奇跡が起こった事例もありますから、諦めずにできる限り手を尽くしたいと思う人もいるでしょう。

それはそれで一つの考え方です。

日本では「どう死ぬか」ということについてはあまり話題にされません。

死は不吉な話題、縁起悪い、ということで避けられる傾向にあるからです。

しかし、「どう死ぬか」は言い換えると、人生をどう全うするか、どう終えるか、ということです。

人生をどう全うして後悔なく終えられるかについて考えることは、「どう生きるか」について考えることに直結します。

これを機にこの問題についても神様に祈りながら考えてみても良いかもしれませんね。

参考までに、「日本尊厳死協会」のリンクを貼っておきますね。

公益財団法人日本尊厳死協会→https://songenshi-kyokai.or.jp/

嘱託殺人容疑で医師2人逮捕 難病ALSの女性を安楽死か

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c518a002ab37a56308aa3f93f709c06bab2fb91

-記事・本
-, , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

どっちが得⁈

あるピアノ調律師が言っていた言葉が印象的だったのでご紹介します。 よくこういうお客さんがいるそうです。 子供にピアノを習わせたいけれど長続きするかどうかわからないから電子ピアノにする、という人。 この …

面白さを伝える!

出版不況が続く中、科学を扱った児童書が大健闘しているのだそうです。 「科学」というテーマは一見堅そうに感じますし、「科学書と子供」という組み合わせは一番ミスマッチな感じがしますが、それが不況が続く出版 …

ハロウィーンで飲酒禁止!

ここ数年、毎年ハロウィーンの時期にトラブルが発生する渋谷では、今年ハロウィーンの期間、繁華街での路上飲酒を禁止したそうです。 それに伴ってコンビニなどの小売店もこの期間酒類の販売を自粛。 その結果、今 …

ポリ袋はエコ⁈

今月からポリ袋が有料化になり、エコバッグが推奨されるようになりました。 実は私、これについては以前からちょっとした疑問を抱いていました。 それはポリ袋有料化の理由が「環境問題」という点。 単純に、本当 …

旧時代に生き続ける悲劇

先日、主要都市では緊急事態宣言が出されました。 が、それでも出勤する人、というか、出勤させる会社があるようですね。 これにはいろんな原因があるようです。 一つは日本の伝統的なシステム的問題。 未だに紙 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。