記事・本

ドーピング問題

投稿日:

久々に東京五輪の話題です。

とは言ってもあまりよい話題ではないのですが。。。

ロシアの選手団がやはりドーピング問題で東京・北京五輪から除外され、個人出場のみになるのだそうです。

そもそも東京五輪が開催されるのかどうかも微妙になってますけど、恐らくこの問題も神様がメスを入れたのだろうと思いました。

記録を出すために薬物を使用して筋肉を増強させたり機能を高めたりするのがドーピング問題ですよね?(合ってますか?)

不正とかズルいとかそういう問題もありますけれど、そもそも身体に害を及ぼす行為なわけです。

薬を投与して記録を出せば国からお金がもらえたり勲章がもらえたりするのでしょうけれど、同時に命の危険もあるじゃないですか。

ロシアではないんですけれど、以前ある国のある競技の女子金メダリストがほとんど男に近い体つきで声も低く、ホルモン療法の疑いをかけられていたのを見たことがあります。

当時TVで見たんですが、本当に、女子のユニフォームを着てなければ男に間違えるような状態でした。

そうなると、選手時代なら称賛されても、引退したらこの人はどうなるんだろう??と素朴な疑問を抱きました。

そうまでして金メダルを取る必要があるのかな?と。

きっと体調管理が大変になるだろうし、将来結婚したくなったら後悔するんじゃないのかなとか、他人事ながらいろいろ考えてしまいました。

ただ、その人は当時の共産主義国の人だったので自分の意思とは関係なくやられていた可能性はありますけど。

そうだとすると、さらに不幸ですよね。。

スポーツは基本的にはとても良いものだと思いますが、目的がズレると怖いです。

国や個人の名誉のためにやってしまうと境界線を越えてしまうのかな。。。

日本でも、体操選手など体重管理が必要な女子選手の摂食障害が問題になっていましたし。

もしかしたら、オリンピックも神様が止めているのかもしれませんね。

人間に害を与えながら名誉を勝ち取るイベントになってしまったから。

全てが正常になることを願うばかりです。

ロシア選手団、東京・北京五輪除外 異議申し立て棄却

https://news.yahoo.co.jp/articles/e146a1259631b20c9658792af734e4d89d9188df

-記事・本
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

休眠の寺の土地を国有化

宗教活動をしていないのに法人格だけ残っている寺の境内地が国有化されることになった、というニュースを見ました。 この寺は、浄土宗のもので住職が2013年に闘病の末亡くなり、その後寺を引き継ぐ人がいなかっ …

人生の締めくくり方

ちょっと考えさせられる記事を見ました。死と向き合う人の記事です。 その記事には癌で余命一か月という宣告を受けた人が、死の4日前に取材された内容が記されていました。 その人が言うには、世の中に出ている癌 …

臨機応変に!

今月に入ってから気温のアップダウンが激しくなりましたね。 雨だと涼しく、晴れると真夏日(最高気温30℃以上の日)に。。(^^; 今日も昨日より10℃高くなり、真夏日になるという予報です。 いよいよ本格 …

あれで良かった

末期癌の終末期の痛みと緩和ケアに関する記事を見ました。 その記事を読みながら、やはり癌の終末期は痛かったり苦しかったりするのだな、と改めて認識しました。 私の母も癌で他界しましたが、母の場合、最期は意 …

タバコ産業の策略

「タバコは身体に悪い」。今やこの事実を知らない人はほとんどいないと思われます。 それでもタバコを吸うという人の言い分の大半は「たばこを吸うとストレスが解消される」というもの。 タバコ容認派も、タバコを …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。