記事・本

咳止めが危険薬物に⁈

投稿日:

何事も度が過ぎると危険域になります。

今回は、市販の咳止めが危険薬物になり得るという記事を見つけました。

なんと、風邪用の咳止めシロップをドラッグとして乱用する中毒患者が急増しているのだそうです。

市販されている咳止めシロップの一部には、覚せい剤や麻薬の原料とかぶる成分が含まれているからだそうです。

これらの成分は、適量を飲めば咳や頭痛を抑える働きをしますが、飲みすぎると眠気や疲労感がなくなり、覚醒作用もあるのだそうです。

中毒になった場合は、内臓疾患により、長期入院を余儀なくされるとのこと。

薬は症状のある人が適量を飲めば症状緩和になりとても良いものになりますが、違う動機で、しかも大量に服用すると害になってしまいます。

良いものも使い方次第で悪になってしまうんですね。

私達も「良いもの」の使い方を間違えないようにしないといけません。使徒パウロもこのように言っています。

それだから、あなた方にとって良いことが、そしりの種にならないようにしなさい。 』(ローマ人への手紙14:16)

これは、当時食べ物のことで兄弟を裁き合っていたことに対して言っています。(興味ある方はローマ人への手紙14章全体を読んでみてください。)

救いの核心は何かを考えないといけません。善人ぶってあれこれ端々のことまで指摘するのは好ましくない事です。これは度が過ぎるということです。

みことばはサタンも利用するということを忘れてはいけません。勿論サタンは使い方が間違ってます。みことばを利用して一見正しいように見せかけ、核心から逸らせていくのです。

せっかく神様が下さった「良いもの」が危険なものにならないよう、何事も乱用せず「適切」を心掛けたいですね。

密売人も急増 咳止め市販薬が危険薬物に

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190701-85115638-jitsuwa

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

母鳥が卵を温め、雛が孵り、そして。。

先日、ある映像を見てちょっと衝撃を受けました。 それは、ある人が、自分の家の庭の木にキジバトが卵を産んだということで、それを観察した映像なんですね。 映像自体は何の変哲もない映像でしたが、結末が。。 …

日本人はロボットも友達⁈

最近読んだ本に面白いことが書いてありました。 「ロボットを友達と思うのは日本人だけ」 最初にこの言葉だけを読んだときは意味が分からなかったのですが、よく読んでみると、例えばドラえもんとか、鉄腕アトムと …

ポリ袋はエコ⁈

今月からポリ袋が有料化になり、エコバッグが推奨されるようになりました。 実は私、これについては以前からちょっとした疑問を抱いていました。 それはポリ袋有料化の理由が「環境問題」という点。 単純に、本当 …

レジリエンス

心理学の言葉で「レジリエンス」という言葉をご存じですか? 一般的な言葉の意味としては、回復力、復元力、弾性など物理的なことを表す言葉のようですが、心理学で使う場合は「困難な状況にあっても心が折れること …

誰かと食事をする時間

少し前にホリエモンのインタビュー(?)を見たのですが、そこで意外だなと思ったことがありました。 それは、彼は基本的に夜は仕事をしないそうなんですが、理由は、夜は必ず誰かとご飯を食べたいから、と。 夜に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。