記事・本

咳止めが危険薬物に⁈

投稿日:

何事も度が過ぎると危険域になります。

今回は、市販の咳止めが危険薬物になり得るという記事を見つけました。

なんと、風邪用の咳止めシロップをドラッグとして乱用する中毒患者が急増しているのだそうです。

市販されている咳止めシロップの一部には、覚せい剤や麻薬の原料とかぶる成分が含まれているからだそうです。

これらの成分は、適量を飲めば咳や頭痛を抑える働きをしますが、飲みすぎると眠気や疲労感がなくなり、覚醒作用もあるのだそうです。

中毒になった場合は、内臓疾患により、長期入院を余儀なくされるとのこと。

薬は症状のある人が適量を飲めば症状緩和になりとても良いものになりますが、違う動機で、しかも大量に服用すると害になってしまいます。

良いものも使い方次第で悪になってしまうんですね。

私達も「良いもの」の使い方を間違えないようにしないといけません。使徒パウロもこのように言っています。

それだから、あなた方にとって良いことが、そしりの種にならないようにしなさい。 』(ローマ人への手紙14:16)

これは、当時食べ物のことで兄弟を裁き合っていたことに対して言っています。(興味ある方はローマ人への手紙14章全体を読んでみてください。)

救いの核心は何かを考えないといけません。善人ぶってあれこれ端々のことまで指摘するのは好ましくない事です。これは度が過ぎるということです。

みことばはサタンも利用するということを忘れてはいけません。勿論サタンは使い方が間違ってます。みことばを利用して一見正しいように見せかけ、核心から逸らせていくのです。

せっかく神様が下さった「良いもの」が危険なものにならないよう、何事も乱用せず「適切」を心掛けたいですね。

密売人も急増 咳止め市販薬が危険薬物に

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190701-85115638-jitsuwa

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

他人の不幸は蜜の味⁈

私は芸能関係の事はよく知らないのですが、最近、ある芸人さんが闇勢力とのかかわりがあったという事で引退に追い込まれたようですね。 私はその芸人さんのことも事件(?)のことも興味なかったんですが、その報道 …

休眠の寺の土地を国有化

宗教活動をしていないのに法人格だけ残っている寺の境内地が国有化されることになった、というニュースを見ました。 この寺は、浄土宗のもので住職が2013年に闘病の末亡くなり、その後寺を引き継ぐ人がいなかっ …

こんな時だからこそ。。。

今「コロナ離婚」というのがあるんだそうですね。 夫が家にいる時間が長くなって夫婦の関係が悪化する家庭が増えてるそうです。 夫が家で働くようになり、その際に、コーヒーとかお茶とか奥さんに持ってこさせたり …

ドーピング問題

久々に東京五輪の話題です。 とは言ってもあまりよい話題ではないのですが。。。 ロシアの選手団がやはりドーピング問題で東京・北京五輪から除外され、個人出場のみになるのだそうです。 そもそも東京五輪が開催 …

蜂の組織

東京都豊島区議会議員のくつざわさんという方が区議会の様子や様々な案件に対する政治家としての見解をYouTubeで発信しているのですが、私もたまに見るんですよ。私は豊島区民じゃないですが。 それで、昨日 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。