記事・本

寒さ対策も大事!

投稿日:

昨日、とうとうコタツを出しました!

もう12月ですからね。出してもおかしくないですよね。

私はとても寒がりで11月中に出してしまった年もありましたので今年は遅い方です。

ところで、最近は夏の熱中症の怖さが認知され始めたせいか、暑さ対策の方がニュースに取り上げられやすいですが、実は冬の寒さも侮れないようです。

実は、寒さで命を落とす人数は熱中症と変わらない、またはそれ以上なのだという記事を見ました。

暑さで熱中症になるのに対し、寒さでは低体温症になってしまうのだそうです。

以前、私の知り合いで「自分は暑さは耐えられないが寒さには強いから暖房費節約のために冬は服を着こんで何とかする」という人がいましたが。。。(^^;;

これはとても危険だという事ですね。

ここまでいかなくても、暖房費節約のためにあまり暖房を使わないようにしている人は多いのでは?

実は私もそうだったんです。

貧乏性なのか、昭和の根性なのか分かりませんが、冷暖房はある程度我慢できるところまではしないと!という妙な認識が入ってしまっていて。。

私自身は寒さにとても弱いので、低体温症に気を付けないといけないなと思いました。

ただ、年々暑さ寒さに対応する能力が低くなってる気がします。以前より冷暖房なしでは耐えられないし、耐えようと思わなくなってきました。(^^;

無駄遣いはいけませんが、低体温症になるよりは暖房を使って健康でいる方が良いですよね。

暖房費をケチったせいで命に影響が出たらただの馬鹿者ですから。

冷静に考えたら冬に命を落とす人の方が多いんじゃないのかな?

特に冬山の事故は昔からよくありました。

冬山の救助は困難だし、遭難者が救助隊を待てる時間も夏よりは短いですし。。

山じゃなくても冬は家の中でも事故が起こりやすいです。家の中の寒暖差でお風呂場で急に倒れたとか。。

これから冬本番を迎えます!

世の中はコロナの話題ばかりですし、熱中症に比べると、低体温症の注意喚起はあまりなされてないようですが、気を付けるべき基本事項はあらかじめ分かって自ら気を付けないといけませんね。

寒さで命を落とす人数は熱中症と変わらない?寒さに強い家の法則

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotokumiko/20201202-00210036/

-記事・本
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

今年は「声」で成功!

今週も土曜日になりました。一週間の最後の日です。 今週はなんだか不思議ですね。一週間の始まりは去年だったのに今は新年です。 今週初めは霊も肉も締めくくりに忙しく、霊的には悔い改めたり目標達成のためにラ …

改正健康増進法

今日から4月ですね!新年度スタートです! 今年はコロナ騒ぎで毎年行われる年度末の行事(卒業式や歓送迎会)がないせいか、あまり「時」の実感がわきませんでしたが、やはり「4月」という響きは新しい年度の始ま …

愛がないと・・・

人間は肉体の栄養だけでは生きてはいけない、ということは現代人なら誰もが認識しているのではないかと思いますが、それは心が満たされないとか幸せになれないという風に考える人が多いのではないかと思います。つま …

第二の天性

最近読んだ本の中で、印象深い言葉がありました。それは、 『人間とはすなわち、いろいろな習慣の塊である。』 そしてさらに、 『良くも悪くも、それはやがてその人の一部、すなわち第二の天性になってしまう。』 …

124年ぶり民法改正!

ここ数日、民法改正についての記事をいくつか見たのでそれについてお話ししたいと思います。 2020年4月より、民法の一部が改正されるそうです。 なんと、現民法が制定されたのは1896年(明治29年)だっ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。