記事・本

蜂の組織

投稿日:

東京都豊島区議会議員のくつざわさんという方が区議会の様子や様々な案件に対する政治家としての見解をYouTubeで発信しているのですが、私もたまに見るんですよ。私は豊島区民じゃないですが。

それで、昨日、くつざわさんが面白いことを言ってたんです。

蜂について。

彼は元々獣医さんだったそうで、動物についてとても詳しいんです。それで時々動物のことをたとえながら人間の話してくれるんですね。

昨日は、日本の特攻隊と蜂の組織に共通点があるという話で、蜂についての話がとても興味深かったのでご紹介しますね。

蜂の巣にいる働き蜂というのは、そもそも一つの大家族の組織なんだそうです。

働き蜂たちはみんな女王蜂の子どもであり、働き蜂同士はみんな兄弟姉妹または親戚同士。

つまり、女王蜂を唯一の母としてまとまっている同じ親族の集まりなのだそうです。

だから、敵が来ると全力でお家のために戦うのだそうです。

その守り方の一つが「命を懸ける」方法。

例えば、スズメバチなどの敵が来て巣や蜂が狙われ、絶体絶命の最終段階になると、働き蜂自らが高熱を発して相手に突進し、相手を焼き殺すのだそうです。

ただ、これは相手を確実に討ちとめる一方、自分も死ぬので文字通り「命を懸ける」方法です。それがまるで日本の「特攻隊」のようだと。

くつざわさん曰く、自らの意思でこのようなことをするのは日本人と蜂だけなのだと。

近年よく事件になる「自爆テロ」は、組織が一定期間洗脳教育を施して、「恐怖心が出ないような人間」に作り上げてからさせるそうです。

(そもそも、自爆テロは旧日本軍の特攻隊がモデルになっているとも言われてます。欧米人は日本人のその行為に度肝を抜かれたそうです。)

ですから、お国のため、お家のためにという大義名分で自らを犠牲にできるのは日本人と蜂だけだと。

なぜできるかというと、全て身内のためだから。

日本も元々日本人だけで成り立っている国で元をたどるとみんな親戚。(これについても根拠を詳しく話してましたがここでは省きます)

そういう国は他にはなく、世界で唯一日本だけだと。

まぁ、とにかく、洗脳教育もなく国や組織のために自ら犠牲にできる理由は、全て自分の家族・親戚だから、つまり他人事ではないからだという事でした。

日本人が元をたどるとみんな親戚だ、という話についてはいろんな意見があるとは思いますが、私自身は、この話を聞いて、神様の組織が女王蜂の組織にたとえられる理由がとてもしっくりきました。

神様の元ではみんな身内なんですよね。(今更ですが。。)

だから神様の主管圏で起こっていることは他人事じゃないし、神様の御心の中で犠牲になる(ように思える)事も自分だけが損をすることじゃない、ということです。

あらためて、私たちは真の蜂の組織になるべきなんだな、と思いました。

蜂の組織。。感慨深いです💛

-記事・本
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

誰のせいでもない。。。

認知症の人がホームから線路に入ってしまい、電車にはねられ、遺族がJRから高額損害賠償請求されていた訴訟で、遺族側が最高裁で逆転勝訴したそうです。 85歳の女性が91歳の夫の介護をしていたという状況で、 …

ドーピング問題

久々に東京五輪の話題です。 とは言ってもあまりよい話題ではないのですが。。。 ロシアの選手団がやはりドーピング問題で東京・北京五輪から除外され、個人出場のみになるのだそうです。 そもそも東京五輪が開催 …

「終末」を待っていたが。。。

もう記事をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、オランダで9年間外部との接触を絶っていた一家が保護され、一家が住んでいた農場を借りていたオーストリア人の男が逮捕されたそうです。今朝のニュースでは父 …

実は根拠はない⁈

コロナ騒動が始まって半年以上経ちますね。 最初は「未知で謎のウィルス」ということでかなり恐怖心をあおられていましたが、今となってはそこまで怖がることもないという事が大多数の人に知られてきていると思いま …

こんな時だからこそ

最近はどこを見ても閑散としているし人の往来が少ないですね。 私が普段よく利用するバスも、いつもは駅前バスターミナルで物凄く行列しているのに今はあまり長い列はなく大体座れる状況です。 人が外に出なくなっ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。