記事・本

蜂の組織

投稿日:

東京都豊島区議会議員のくつざわさんという方が区議会の様子や様々な案件に対する政治家としての見解をYouTubeで発信しているのですが、私もたまに見るんですよ。私は豊島区民じゃないですが。

それで、昨日、くつざわさんが面白いことを言ってたんです。

蜂について。

彼は元々獣医さんだったそうで、動物についてとても詳しいんです。それで時々動物のことをたとえながら人間の話してくれるんですね。

昨日は、日本の特攻隊と蜂の組織に共通点があるという話で、蜂についての話がとても興味深かったのでご紹介しますね。

蜂の巣にいる働き蜂というのは、そもそも一つの大家族の組織なんだそうです。

働き蜂たちはみんな女王蜂の子どもであり、働き蜂同士はみんな兄弟姉妹または親戚同士。

つまり、女王蜂を唯一の母としてまとまっている同じ親族の集まりなのだそうです。

だから、敵が来ると全力でお家のために戦うのだそうです。

その守り方の一つが「命を懸ける」方法。

例えば、スズメバチなどの敵が来て巣や蜂が狙われ、絶体絶命の最終段階になると、働き蜂自らが高熱を発して相手に突進し、相手を焼き殺すのだそうです。

ただ、これは相手を確実に討ちとめる一方、自分も死ぬので文字通り「命を懸ける」方法です。それがまるで日本の「特攻隊」のようだと。

くつざわさん曰く、自らの意思でこのようなことをするのは日本人と蜂だけなのだと。

近年よく事件になる「自爆テロ」は、組織が一定期間洗脳教育を施して、「恐怖心が出ないような人間」に作り上げてからさせるそうです。

(そもそも、自爆テロは旧日本軍の特攻隊がモデルになっているとも言われてます。欧米人は日本人のその行為に度肝を抜かれたそうです。)

ですから、お国のため、お家のためにという大義名分で自らを犠牲にできるのは日本人と蜂だけだと。

なぜできるかというと、全て身内のためだから。

日本も元々日本人だけで成り立っている国で元をたどるとみんな親戚。(これについても根拠を詳しく話してましたがここでは省きます)

そういう国は他にはなく、世界で唯一日本だけだと。

まぁ、とにかく、洗脳教育もなく国や組織のために自ら犠牲にできる理由は、全て自分の家族・親戚だから、つまり他人事ではないからだという事でした。

日本人が元をたどるとみんな親戚だ、という話についてはいろんな意見があるとは思いますが、私自身は、この話を聞いて、神様の組織が女王蜂の組織にたとえられる理由がとてもしっくりきました。

神様の元ではみんな身内なんですよね。(今更ですが。。)

だから神様の主管圏で起こっていることは他人事じゃないし、神様の御心の中で犠牲になる(ように思える)事も自分だけが損をすることじゃない、ということです。

あらためて、私たちは真の蜂の組織になるべきなんだな、と思いました。

蜂の組織。。感慨深いです💛

-記事・本
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

レジリエンス

心理学の言葉で「レジリエンス」という言葉をご存じですか? 一般的な言葉の意味としては、回復力、復元力、弾性など物理的なことを表す言葉のようですが、心理学で使う場合は「困難な状況にあっても心が折れること …

自分を満足させる

この時期はいろいろイベントが多くて食生活も乱れてしまう、なんて人も多いのではないかと思います。 食生活の乱れは健康に直結します。これを知らない人はいないでしょう。 特に冬はただでさえ寒さで風邪をひきや …

改正健康増進法

今日から4月ですね!新年度スタートです! 今年はコロナ騒ぎで毎年行われる年度末の行事(卒業式や歓送迎会)がないせいか、あまり「時」の実感がわきませんでしたが、やはり「4月」という響きは新しい年度の始ま …

良くない習慣

ある世の中の若手社長が、「凡人で終わる人の悪い習慣ワースト5」というのを紹介していたのでそれを皆さんにもご紹介しますね。 まずは第5位から第1位まで項目を列挙してみます。 第5位:運動しない第4位:無 …

鍛えている人は強い!

先週、アメリカで、一人暮らしの高齢者宅を襲った強盗がその家に住む82歳のおばあちゃんにコテンパにされるという事件(?)が発生したそうです! そのおばあちゃんはテーブルを持ち上げて男に投げつけようとした …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。