記事・本

Amazonが悪質市場に⁈

投稿日:

またまたAmazonの話題です。

今年トランプ政権では、「悪質市場」のリストにAmazonの海外事業の一部を加えることを検討しているそうです!

理由は、海外(アメリカから見た海外)のネット通販では、監視の目が行き届かず、不正販売や偽造品が後を絶たないからだそう。

まぁ、正直これは日本でも実感している人が多いのではないでしょうか?

Amazonは日本市場においても、元々あった日本の優良企業を脅かす勢いで拡大してきました。日本企業が危ない!と思わせるほど。

こういう強豪が出てくるからこそそれに負けじといろんな工夫がなされてより良いものが生まれる、という利点もあるのは事実です。

でも、日本におけるAmazonは日本国に法人税を払っていなかったりなど、私自身最近いろいろなことが分かってきて、あまり良いイメージを持っていませんでした。

やはり、「安い!早い!」には裏があったのだな~と。うまい話には裏があるわけですよね。

だから私は個人的にAmazonは利用していませんでした。悪に加担しているような気分になるので。

今回のニュースを見て、結局、何か「裏がある」ような業者はいつか終わりが来るのかな~なんて思いました。

とは言ってもまだAmazonがつぶれたとかいう話ではありません。ただ、神様が不正業者がいつまでも栄えるのを許さず、メスを入れたのかな~と思いました。

これを機にAmazonがどうするのか注視したいところですね。

結局会社も人間が運営しています。会社に限らず、どんな組織でもどういう人がどういう考えで運営しているかで組織の運命も変わります。

悪だくみをする人が運営すると、一時期は栄えるように見えてもタイムリミットが来れば神様が判定を下してしまいます。どんな大企業も神様が一撃を加えれば終わります。

私達は全ての物事は神様がご覧になっているという事を忘れてはいけませんね。

最後に聖書の詩篇第一篇全文を引用します。

 悪しき者のはかりごとに歩まず、
罪びとの道に立たず、
あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。
このような人は主のおきてをよろこび、
昼も夜もそのおきてを思う。
このような人は流れのほとりに植えられた木の
時が来ると実を結び、
その葉もしぼまないように、
そのなすところは皆栄える。
悪しき者はそうでない、
風の吹き去るもみがらのようだ。
それゆえ、悪しき者はさばきに耐えない。
罪びとは正しい者のつどいに立つことができない。
主は正しい者の道を知られる。
しかし、悪しき者の道は滅びる。

アマゾンを「悪質市場」指定も 米政府、海外で偽造品と 報道

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000008-jij-n_ame

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

心の傷は誰がつける?

最近、なるほど。。。と思ったことがあります。 それは、ある心理カウンセラーが言ってたことなのですが、実は、「他人が自分を傷つけるという事はない」ということなのです。 最初は「え?」と思いましたよ。恐ら …

宝くじを買うと。。。

ある人が面白いことを言っていました。 宝くじは運気が下がるから買わない方が良いと。 その人は宝くじに当たった人について調べて統計を取ったのだそうです。 その結果、宝くじに当たった人はその後不運になって …

殺人犯の逃亡生活の結末。。。

昨日、17年前に殺人事件を起こした後海外に逃亡して国際指名手配されていた男が逮捕されたというニュースがありました。 それで、、逮捕された経緯がなんとも。。。 この人、17年前に日本を出国した後、最終的 …

誰かと食事をする時間

少し前にホリエモンのインタビュー(?)を見たのですが、そこで意外だなと思ったことがありました。 それは、彼は基本的に夜は仕事をしないそうなんですが、理由は、夜は必ず誰かとご飯を食べたいから、と。 夜に …

平和はどこから?

『平和』という単語を聞くと、どういう概念を思い浮かべますか? とりあえず、『平和』の意味を辞書を引いてみるとこんな事が書かれています。 戦争や紛争がなく、世の中がおだやかな状態にあること。また、そのさ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。