記事・本

自立するにも時がある?!

投稿日:

最近、なぜか続けて婚活に苦戦する30代・40代の女子たちに関する記事や動画を目にしたんですね。

その人たちが婚活に苦戦している理由として挙げられていた内容が、どの記事を見てもほぼ共通していました。

それは、実家で親と同居し続けているということ。

もしかしたら、いまだに親が「女性は実家暮らしの方が就職や結婚に有利」と思い込んでる世代なのかもしれません。(よく分かりませんが。。)

今は考えられないかもしれませんが、私の大学時代でも、女子は実家暮らしじゃないと採用しない、なんて会社もまだ一部で存在していたんですよ。

一人暮らしの女性は遊び惚けている、それよりは親元できちんと生活している女性が良い、というよくわからない理屈がまかり通っていた時代があったんですね。

いわゆる「箱入り娘」が好まれた時代。

多分これは男性が終身雇用で一生経済力を一手に担い、女性は専業主婦になるというコースが確定していたような時代の話なんだと思います。

でも今は完全に逆のようです。

いつまでも親元でぬくぬくしている女性は生活力も経済力もなく精神的にも自立していない、そんな女性と結婚したい男性はいない、という事のようです。

しかも、30代・40代になったら箱入り娘じゃなくて「箱入りおばさん」。

これ、かなり痛いですよね。(^^;;

でも、そういう人に限って相手に対する条件が厳しいそうなのです。

確かに、30年間、40年間ずっと親元で何不自由なく暮らしていれば、それ以上の生活を保障してくれるような男性じゃないと嫌だと思うのも当然ですよね。

もう守りに入っちゃってるんだと思います。

自分のことを振り返ってみても、きっと30代・40代になっても親と一緒にいたら自立できなかっただろうなと思います。

20代くらいは冒険心が湧いてくる年頃じゃないですか?

そういう時に冒険せず「守り」に入りっぱなしだと、いろんな意味で時を逃してしまうのかもしれませんね。

ミドル世代になると冒険心よりリスク回避の思考の方が勝ってしまいますから。

私が摂理生活の中で、救い以外の肉的なことで大いに感謝していることは、生存能力が格段に身についた、ということです。

とにかく、私が伝道されたころは、人もモノもお金も「ない」という状態なのにそれでも「歴史のために」つき進めなければいけなかったわけですよ。

「ないからできません」は通用しませんでした。

安~いボロ物件を借りて何とか居心地よくなるように工夫したり、家賃の支払いのためにみんなでバイトしたり、人がいないから一人でいくつもの使命をしなければいけなかったり。

家のものをそろえるにもお金がないからリサイクルショップを回り、そこでさらに値引き交渉したり。(^^;

本当は嫌でしたよ。そんなことするの。当時は恥ずかしかったんです。私はバブル世代の人ですから。そんなことする人が周りでいなかったんです。

でもないものはないし、そうするしかなかったんですよ。

当時は教団もなく、支援してくれる人もいませんでしたからね。

でも、そうやって生活しながら度胸も身についたし、何だかんだでどんな状況でも生きていけるような気がしてきましたね。

今振り返ると、よくあれで生きてこれたなと思うんですが、それがまさしく神様のしるしじゃないかと思ってます。

でも、こういうことも、当時私が若かったからできたことじゃないかな。。

今から同じことをやれと言われてもできない気がします。

若い時は過酷な状況でも冒険心と好奇心でやっていけるし、そういう体験をしたからこそ、信仰がより強くなったと自分では思ってます。

若い時には、羽振りの良い同年代の女性を見ながら正直羨ましく思ってたこともありましたが、今となっては感謝しています。

心地よい体験ばかりが人生にも信仰にも良いとは限りませんね。

失敗を避け続けて経験不足の大人に・・・実家暮らし箱入りおばさんの婚活がが苦戦する理由

https://news.yahoo.co.jp/articles/c3e8b021c8cc4c110cdb4b498af3ae21d0032708

日本では婚活しても成婚に至らないオンナがあふれている大きな理由(YouTube)

https://youtu.be/i3Pwb4sAQPk

-記事・本
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

飲食産業の「脱居酒屋」傾向

コロナで様々な産業が打撃を受けてますが、それが顕著なのが飲食産業。 お店でワイワイガヤガヤが根本的にNGになってますからね。無理もありません。 そこで、この飲食産業では「脱居酒屋」が進んでいるそうです …

薬物に追い込まれる人

最近、有名人の薬物犯罪のニュースが紙面をにぎわせていますが、これについてメンタリストDaiGoさんがいろいろ検証していました。 結論から言うと、薬物だけでなく、アル中とか過食などの「自己破壊的行為」を …

本当の目的は?

皆さんはネット通販を利用したことがありますか? 恐らくほとんどの人は利用したことがあるでしょう。(私もあります。) 現代ではすでにネット通販が一般的な買い物の仕方になってますからね。でも便利な一方で、 …

顔が見えるマスク

ユニ・チャームから「顔がみえマスク」の受注販売を開始したところ、即日完売したそうです! 透明フィルムを用いた日本製のマスクで、口元の表情がわからないことで不便を強いられている人たちのために開発したとの …

亭主関白は危険⁈

皆さんのお家ではお父さん、または旦那さんは亭主関白ですか? 逆の言い方をすると、夫婦のうち、女性の方は男性のパートナーにひたすら尽くすタイプですか? 古来の日本の家庭では女性が男性に尽くす、というのが …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。