記事・本

美しい人生

投稿日:2019年5月10日 更新日:

最近読んだ本で心に残った言葉がありました。

『人生は美しいことだけ憶えていればいい』

この言葉は沢田美喜さんの言葉です。作家の佐藤愛子さんが本の中で紹介していたのを読んで知りました。

沢田美喜さんについては調べていただければすぐにわかると思いますが、戦後の混乱期の中、悲しいことに米国兵と日本人女性の間に生まれた混血児がたくさんいたのですが、引き取り手のないその孤児のために「エリザベス・サンダース・ホーム」という施設を立ち上げたのが沢田美喜さんです。

家柄としては三菱財閥の直径子孫。外交官の男性に嫁ぎ、その男性がクリスチャンだったことから美喜さんも洗礼を受け、クリスチャンになったそうです。

孤児の問題については、これは米国も責任を負うべきとして彼女は寄付金を集めに米国全土を廻り、時には米軍総司令部にも足を運んで要求を突き付け、喧嘩になる事もあったそうです。

当時は日本政府も敗戦国として占領軍には平伏するしかなかった時代です。そんな時一人で米国に乗り込んで、喧嘩になるほど勇猛に戦ったことには感心するばかりです。

元々良い家柄でしたが、戦争を経て様々な困難や悲しみに直面し、それでも戦後を強く生きぬいた日本人女性です。

その澤田美喜さんが、後に成長した元孤児と再会した時、その元孤児が美喜さんを見て泣き出したそうです。その時美喜さんが元孤児に対して『人生は美しいことだけ憶えていればいい』と言ったのだそうです。

裏を返せば、お互い美しくないことがいっぱいあったからこそ言える言葉だろうなと思いました。

様々なことを経験し、乗り越え、成し遂げた人の言葉は深く心に入ります。

私達は嫌なことほど記憶に残ってしまって、それが原因で精神を消耗したり、病気になったり、やる気を失ったりしてしまうことがよくあります。しかも、戦後の混乱期の問題に比べたら大したことでもないのに。

でも、確かに嫌なことを頭で繰り返し思い起こしても事態が好転するわけじゃないんですよね。むしろ脳に良くない。

それと、自分の中に相手や物事を恨む気持ちがまだある状態だと嫌なことがよみがえりますよね。美しいことだけが残るには、許すという過程が必要なのかなとも思いました。

美しいことだけ憶えてる人生。これがまさしく美しい人生ですね。

そういう人生になれるよう、私も頑張りたいと思います。

-記事・本
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

タバコ産業の策略

「タバコは身体に悪い」。今やこの事実を知らない人はほとんどいないと思われます。 それでもタバコを吸うという人の言い分の大半は「たばこを吸うとストレスが解消される」というもの。 タバコ容認派も、タバコを …

日本の領土拡大⁈

暗いニュースが多い中、面白い話題を発見しました!(約1か月前の記事ですが。。) なんと、日本の領土が拡大しているというのです! 領土拡大というと、一般的には戦争などで領土を奪うことを思い浮かべる方が多 …

そのポジションは永遠じゃない!

先日このブログで話題にした、フィギュアースケートのザギトワ選手ですが、しばらく活動休止することにしたそうです。 この活動休止は物議を醸しそうですね。 フィギュアースケートはジャンプ大会なのかとか、ロシ …

サタンに利用された人

世の中は相変わらずサタンに主管された人がいろいろやらかしていますね。 今朝、『高齢の詐欺被害者から“再搾取”』という記事を見ました。 被害者救済のTV番組を作るから協力してほしいと話を持ち掛け、協力す …

幽霊の寿命?!

今日の話はネタ的な話です。決して鵜呑みにしないでください。(^^; ということで。。 先日面白い記事を見つけたんです! なんと、幽霊の寿命は400年らしい、という記事。 その根拠は、幽霊の目撃情報です …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。